【F1】メルセデス、ベルギーGPでアップグレードしたエンジンを投入

メルセデスは、ベルギーGPに向けてパワーユニットのアップグレードを行なった。

 シーズン前半は、メルセデスとフェラーリによるタイトな戦いが繰り広げられた。メルセデスは高速サーキットであるスパ・フランコルシャンでフェラーリに対抗すべく、パワーユニットのアップグレードを投入することを決定した。

 金曜日の朝、FIAより発行されたノートによりルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのふたりに新しいICE(内燃機関)とターボチャージャー(TC)、MGU-H(熱エネルギー回生システム)が投入されたことが確認された。

 これまでのアップデートでは、信頼性の向上を主な目的としてきたが、今回のアップグレードは性能の向上が図られているという。

 今シーズンは後9レース残されているが、メルセデスはストックの管理をすることによって、ペナルティなくシーズンを終えられることに対し自信を持っているようだ。さらに彼らはベルギーGPで用意されたエアロによって、スパで優勢になることを期待している。

 金曜日のセッション前にボッタスは次のように語った。

「ブタペストのようなトラックより、僕たちは今回のレースに対する自信がある。ダウンフォースの高いサーキットでは、フェラーリは非常に手強い相手になると思っている」

「彼らの場合、たいていのサーキットでも悪くはならないだろう。だから僕たちもどんなサーキットが得意だとかは意識しないでいる。でも、このサーキットにおいては僕たちも強くあれると思っているし、今回も接近戦になると想像している」

 現在フェラーリは、パフォーマンスの向上を図るべく第3のエンジンの開発に集中しており、それはイタリアGPで投入される可能性がある。

【関連ニュース】

FP2詳報:ハミルトン首位。フェラーリに0.2秒差/F1ベルギーGP

マッサ、FP1でのクラッシュによりシャシーを交換

アロンソ「今の状況に”爆発”しても仕方ない。皆を信じている」

フェラーリ、ベルギーGPでエアロ&サスペンションをアップデート

メルセデス、ドライバーの”急遽離脱”に備え、代替策を用意

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース