【F1】メルセデス、ペトロナスの新燃料&オイルで性能向上を目指す

ペトロナスはメルセデスの大幅な2017年PUの進歩に伴い、新たな燃料とオイルを開発。早速バルセロナでのテストで供給する予定だ。

 メルセデスの燃料サプライヤーであるペトロナスは、メルセデスに今シーズンに向けて開発した新たな燃料を供給する予定だ。

 これまでもメルセデスに燃料を供給してきたペトロナスは、イタリア位置するビラステロン研究センターで何ヵ月も開発を行い、新たなパーマックス(燃料)とシンティアム(オイル)を完成させた。それらの燃料とオイルは今週行われるバルセロナ合同テストで供給される。

 2017年のレギュレーションに準じたマシンは、昨年よりもダウンフォース値が高く、マシンの空気抵抗が増すため、パワーユニットの出力向上が求められる。そのためには、高性能な潤滑剤が必要になるのだ。

 またシーズン前テストで、オイルをしっかり評価しておくことも今季は非常に重要だ。なぜなら2017年のレギュレーションでは、チームはシーズン中に4種類のオイル配合比しか使用することができないためだ。

 今季のメルセデスは、パワーユニットを大幅に進歩させたという。ペトロナスのモータースポーツマネージャーであるアンドレア・ドルフィは、今季のパワーユニット開発で最も重要なのは、電気エネルギーの分配(デプロイメント)にあると語った。例えばストレートの早い段階でERSの電気エネルギーを使いきってしまうと、それは大きなデメリットに繋がってしまう可能性があるのだ。

「新たなパワーユニットは、ERSのエネルギー変換可能時間の限界値を向上させることによって、より良い性能を発揮することができるだろう」

「そのため、ペトロナスが新たに開発した燃料とオイルは、メルセデスのエンジニアの要求を満たすために再調整されている」

 オイルが高性能化することによって、マシンを0.3秒速くすることができると言われている。今季のペトロナスはそれを実現したのかと尋ねられたドルフィは、次のように話した。

「パフォーマンスの評価は重要なものだ。しかし、そのデータは機密扱いのため、これ以上話すことはできない。しかし我々は、自分たちの作業に満足している」

 新しい燃料はバルセロナでの合同テストで評価された後、開幕戦オーストラリアGPから供給される予定だ。

【関連ニュース】

【F1】マクラーレン「メルセデスは最も印象的。Tウイングは評価中」

【F1】メルセデス、”支配”継続へ慢心なし。PUの全エリアで改善図る

【F1】サスペンション問題”渦中”のメルセデス、システムの合法性に自信

【F1】メルセデスW08発表。ハミルトン「寒いのにかなりグリップする」

【F1】メルセデス、独創的Tウイングを使用。今後はシャークフィンも?

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース