【F1】メルセデス「初日のハミルトンは本当に素晴らしかった」

オーストラリア初日の盤石なるハミルトンのペースに対し、メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは満足気だ。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、開幕戦のフリー走行1回目でトップタイムを記録し、2番手タイムを記録したチームメイトのバルテリ・ボッタスに0.583秒差をつけた。またフリー走行2回目では、2番手のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に0.547秒差つけ、再びトップタイムを記録した。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、オーストラリア初日の盤石なるハミルトンのペースを称賛した。

 ウルフはSky Sportに対し、次のように語った。

「今の彼(ハミルトン)は、本当に素晴らしい」

「ラップペースが本当に良かったし、ロングランも安定していた。ウルトラソフトタイヤで、彼は何周したと思う? 15か16周、いや17周くらいしていた。それはとても安定したものだった。私はハッピーだ」

 またウルフは、チーム代表の記者会見で次のように語った。

「彼は全体的に良い1日を過ごした」

「シーズンオフテストでは課題があったので、チームにとって良い金曜日だったと思う」

初日は99%完璧

 ハミルトンも同様にオーストラリア初日のパフォーマンスに対し肯定的な意見を持っている。彼はシーズン前テストで発生した問題を解決させ、マシンの”正しい方向性”を見出すことができたことに対し、安堵しているという。

「バルセロナでいくつかの問題に悩まされた後、開幕戦でマシンがどのような動きをするかはわからなかった」とハミルトンは語った。

「1週間でマシンが仕上がったことと、マシンの方向性が定まったことが本当に励みになったよ」

「今の気分は最高だ。みんな素晴らしい仕事をこなしてくれたと思う。ロングランとショートランで良いパフォーマンスを発揮できた」

 その一方、ハミルトンはフェラーリの脅威を警戒しているようだ。

「今日では、メルセデスがどのポジションにあるのかは本当に判断つかなかった。僕たちはフリー走行1回目のフェラーリが本気じゃなかったことを知っている」

「思った通り、(フェラーリは)フリー走行2回目で急に速くなった。明日(オーストラリア2日目)になれば、彼らがどのポジションにいるのかがわかるだろうね」

Additional reporting by Jonathan Noble

【関連ニュース】

【F1分析】開幕戦FP2:好調なメルセデス。台風の目はトロロッソ?

【F1】「メディアは僕らの問題を誇張して騒いでいただけだ」とアロンソ

【F1】フェルスタッペン「今のレッドブルは少し遅れている」

【F1】ベッテル「今朝はトラブルがあった。でも十分に改善できる」

【F1コメントライブ】F1オーストラリアGP予選は25日15時スタート!

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストラリアGP
サーキット アルバートパーク・サーキット
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース