【F1】メルセデスのオイル使用量制限は1.2リットルを適用。FIA認める

メルセデスはベルギーGPに4基目のエンジンを投入したことで、1.2リットルのオイル使用量制限が引き続き適応されることが認められた。

 FIAは、メルセデスがベルギーGPで新しいICE(内燃エンジン)を投入したことを受け、シーズン残りのレースでも、高いオイル消費量のまま走ることができることを認めた。

 FIAは、イタリアGP以降に投入されるICEについて、オイルの消費量を100km走行あたり0.9リットルに制限することを決めていた。しかしメルセデスは、ベルギーGPで4基目のICEを投入。このタイミングでの新ICEの投入に、0.9リットルのオイル使用制限を回避しようとしたのではないかという”疑惑”が持ち上がっている。

 7月にFIAが発行した技術指令によれば、モンツァの前に投入されたICEは、100kmあたり1.2リットルのオイルを使用することが許されている。

 しかしながら、ワークスチームが使用するパワーユニットと、カスタマーチームが使用するパワーユニットの仕様が同一でなければならないという別の規則により、オイルの使用制限量がどう規定されるのかについて、幾つかの混乱が生じた。これが採用されれば、カスタマーチーム(ウイリアムズもしくはフォースインディア)が新しいICEを投入した際には、メルセデスのワークスチームも、100kmあたり0.9リットルしかオイルを使用できないのではないかと示唆されたのだ。

 この件についてFIAはイタリアGPに先立ち、ICEはすでに使用されているため、メルセデスは1.2リットル/100kmを守る必要があることを確認した。しかしながらカスタマーチームが最後のパワーユニットを投入した際には、オイルの使用制限量は0.9リットル/100kmを遵守しなければならないという。

「エンジン(ICEエレメント)がモンツァの週末以降に投入される場合、そのオイル使用量は0.9リットル/100kmを下回る必要がある」

 FIAの広報担当者はそう語った。

「スパの週末、またはそれ以前にエンジン(ICEエレメント)を投入した場合、オイルの使用量は1.2リットル/100kmを下回っていなければならない」

 FIAは、マシンに積まれたトランスポンダーがピットレーンを離れるとすぐ、エンジンが使用されたと判断する。

 スパに4基目のエンジンを持ち込んだというメルセデスの動きにより、フェラーリには困惑が生じたと言われている。なぜならフェラーリは、スパの週末には誰も新エンジンを持ち込まないと考えていたからだ。しかもフェラーリは、0.9リットル/100kmの制限がかかったエンジンを、今後使う必要に迫られることになる。

 ベルギーではまた、オイルの燃料に関する問題が話題となった。しかしメルセデスのトト・ウルフは、もしフェラーリが不満に思うようなことがあれば、この問題について喜んで話し合ったと語る。

「我々は激しい競争相手である。もし問題がある場合は、頭を突き合わせ、こっそりと話し合う」

 オイル燃焼の問題について尋ねられたウルフは、そう語った。

「そういう問題は起きていない。公になっていないことに注意しなければならない。それは正しいことではないし、真実でもない。それについて私は、特に心配していない」

【関連ニュース】

メルセデスの早すぎる新エンジン投入で、深まるエンジンオイル”不正燃焼”疑惑

FIA、イタリアGPよりエンジンオイルの消費量を制限

ルノー、アロンソ獲得の可能性について消極的な発言「批判されるのは避けたい」

ザウバー、”ギヤボックス入手”への不安がホンダとの契約解消理由だったと認める

終わらないマシントラブルの連鎖……レッドブルに”疑問”を抱き始めたフェルスタッペン親子

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース