【F1】メルセデス、2018年を見据えたボッタスとの1年契約示唆

2018年のドライバー市場に動きがあると考えたメルセデスは、様々な可能性を考慮し、ボッタスとの契約は1年であるということを示唆した。

 2017年シーズン終了後には、セバスチャン・ベッテルやフェルナンド・アロンソといったドライバーを含め、ドライバー市場に大きな動きがありそうだ。さらに、カルロス・サインツJr.といった将来有望なドライバーの契約も切れる時期だ。

 この状況は、ニコ・ロズベルグの後任としてメルセデスへの移籍が決定したバルテリ・ボッタスの契約にも影響を及ぼした。

 ボッタスの契約年数に関してメルセデスからの公式発表はないが、契約は1年であり、パフォーマンス次第では契約を延長できるオプションが存在すると考えられている。

 フィンランド人のF1コメンテーター、オスカリ・サーリが水曜日にフォーミュラキャスト・ポッドキャストで語ったところによると、メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウルフは、メルセデスとボッタスはより長期の契約を結ぶ可能性があることを強調しているという。

 しかしウルフは、2018年に向けて全てのオプションを考慮することがチームにとって重要であり、ボッタスもそれを受け入れていると話した。

「もし我々が、彼はチームに残留するのにふさわしくないと判断したら、バルテリを起用することはない」とウルフは、ボッタスの1年契約について語った。

「しかし実際のところ、ドライバー市場はとても流動的だ。来年のオプションはオープンにしてある。若手ドライバー、セバスチャン、フェルナンド、バルテリといった多くのドライバーがいるということはわかっているし、バルテリも理解している」

「我々は、彼と長期に渡って仕事ができるということに自信と信頼を持っている。しかし今は、シーズンがどうなるのかを考える必要がある」

【関連ニュース】

【F1】メルセデス、ボッタス加入を発表。ウイリアムズとザウバーに感謝

【F1】マッサF1引退を撤回。ボッタスに代わりウイリアムズに残留

【F1】ボッタス「ハミルトンと僕は、チームを助ける良いペアになる」

【F1】ボッタスに期待を寄せるラウダ「ロズベルグ同様に速い」

【F1】引退後のロズベルグ、メルセデス親善大使に就任

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース