【F1】メルセデスPUリード消滅か。ペレス「ライバルの進歩がすごい」

フェラーリとルノーが大きく前進したため、メルセデスPUが昨年まで持っていた優位性は消し飛んでしまったとセルジオ・ペレスは語った。

 フォースインディアのセルジオ・ペレスは、フェラーリとルノーが今季にかけて大きな前進を果たしたため、メルセデス製パワーユニット(PU)が昨年まで持っていたパワーのアドバンテージはなくなってしまったと語った。

 2014年に新しくターボ&ハイブリッドエンジン、いわゆる”PU”が導入されて以来、メルセデス製PUはベンチマークとしてトップに君臨。しかしながら、ライバルたちも着実にそのギャップを縮めてきた。

 PUの開発トークンシステムが廃止され、フェラーリとルノーが冬の間に進歩を果たしたことで、メルセデスPUはもはや絶対的なアドバンテージにはならないと、ペレスは確信しているようだ。

「フェラーリとメルセデスが同じレベルにあることは間違いない。ルノーも多かれ少なかれ近いレベルにある」とペレスは説明した。

「僕たちがアドバンテージを持っているのは、ホンダに対してだけだ」

 過去、フォースインディアはメルセデスPUの恩恵を受けてきた。ダウンフォースが増えたことにより全開区間が増え、空気抵抗も増加した今年のF1はよりPUのパワーが重要になっていると考えられるが、PUの差がほとんどなくなったことにより、中団争いは激しさを増すことになるだろう。

「今年は、これまでよりもエンジンがかなり重要になる。昨年よりフルスロットルでいる時間がかなり長くなるし、回生できるエネルギー量もかなり多くなるからだ」とペレスは説明した。

「間違いなく、フェラーリとルノーは大きな前進を果たし、メルセデスに追いついている」

ロシアGPの展望

 開幕3戦連続で2台共がポイントを獲得しているフォースインディアは現在、コンストラクターズランキングで4位となっている。しかし、チームはマシンの全体的なスピードを上げるために改善が必要だと考えている。

 ペレスはイエローフラッグが原因で予選Q1で敗退するなど、第3戦バーレーンGPは難しい週末だったものの、ロシアGPの週末は運が好転すると彼は信じているようだ。

 彼は、優れたリヤエンドのグリップと、ブレーキングでの安定性を必要とするバーレーン・インターナショナル・サーキットのレイアウトが、フォースインディアのシャシーの弱点を露呈したと考えている。

「僕は、このトラック(ソチ・アウトドローモ)の方が僕たちに合っていると考えている」とペレスは語った。

「バーレーンでは、僕たちが抱えている問題が、本当に一度にあらわになってしまった」

「予選までは、非常にトリッキーな週末だった。トラックレイアウトの関係で、バーレーンはいつも僕たちにとって難しいレースになっていると思う」

「おそらく僕たちにとって、(バーレーンが)最も厳しいレースのひとつだったので、ここではもう少し競争力があり、僕たちがいるべき位置に近づけると思う」

【関連ニュース】

【F1】エンジンオイル”不正燃焼”疑惑受け、FIAが取り締まりを強化

【F1分析】新規則で増すパワーユニットの負荷。救世主は燃料とオイル!?

【F1】ストラテジーグループ、PU性能均衡のためホンダ救済を計画?

【F1】フォースインディア「想定していたよりルノーが好調」

【F1】ルノー「シャシーに課題」その一方、レースペースの改善に自信

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー セルジオ ペレス
チーム フェラーリ , フォースインディア , メルセデス
記事タイプ 速報ニュース