【F1】メルセデスW08発表。ハミルトン「寒いのにかなりグリップする」

昨年まで3年連続でダブルタイトルを獲得しているメルセデスは、4連覇を狙うためのニューマシンW08を発表した。

 2014年以降、圧倒的な強さを誇ってきたメルセデス。今季は4連覇を目指す年となる。しかし、昨年のドライバーズチャンピオンであるニコ・ロズベルグの引退により、ウイリアムズからバルテリ・ボッタスが加入。さらには長年チームにテクニカル部門を率いてきたパディ・ロウが離脱するなど、体制には変更が加えられている。

 メルセデスのニューマシンW08ハイブリッドは、発表会を前にシェイクダウンを実施。サーキットを訪れた報道陣に、いち早くその雄姿を披露した。これは、FIAによって許されている”フィルミングデイ(撮影日)”を活用したもので、ルイス・ハミルトンがステアリングを握った。

「これが一体になるなんて、とてもワクワクするよ」

 そうハミルトンは新車について語った。

「風洞実験に始まり、ただのカーボンファイバーだった頃も見ている。そしてそれが全部一緒になって、冬の間にはシート合わせをして、そしてこの数日で出来上がってくるのを見て、そしてどういうわけか予定通り完璧に出来上がった」

「今日ドライブしてみて、当然クルマは幅広く感じる。フロントタイヤも巨大だ。でも、この寒いコンディションでも、かなりのグリップがある」

「これはテストじゃないし、今日の周回は撮影のため、そしてただのシェイクダウンだ。もう少し速く走ろうと思ったけど、風が強かったし、路面は濡れていた」

 2016年にチャンピオンに輝いたニコ・ロズベルグの突然の引退発表の影響で、ボッタスはウイリアムズから過去3年間F1を”支配”したチャンピオンチームに加入した。

「僕にとっては大きな意味を持つ1日だ」とボッタスは語った。

「”シルバーアロー(メルセデスマシンの愛称)”を初めて運転するということは、非常に特別なことなんだ」

「僕は、この瞬間を長らく待っていた。僕が新車をドライブするのは1時間にも満たない時間の予定だけど、このマシンは本当にすごいと感じているし、見た目も素晴らしくて驚いている」

「このマシンのとても好きなところは、すっきりしてかっこいい見た目なのに、リヤエンドやバージボードには膨大な量の工夫が施され、開発が行われているところだ。このマシンのすべてに、一体どれだけの時間が費やされているんだろう。とにかく格好いいよ」

【関連ニュース】

【F1】メルセデスのニューマシンW08、発表会を前に走行

【F1】メルセデスPUも進化。フォースインディア”ランク3位”に自信

【F1】マクラーレンMCL32発表会、2月24日20時よりWEB中継

【F1】ハミルトン「追い抜き減少」の予想が間違っていることを祈る

【F1】ボッタス「ハミルトンとはハードだがフェアなバトルをする」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 Mercedes AMG F1 W08 Hybrid launch
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース