【F1】モナコGPのタイヤ選択リスト発表。ウルトラソフトタイヤが中心

ピレリは、各ドライバーがモナコGPに持ち込むタイヤ選択のリストを発表。ほとんどのドライバーがウルトラソフトに主眼を置いた選択となった。

 今季からタイヤのサイズが変更されたため、シーズン序盤の5レースは、全ドライバーが同じ組み合わせのタイヤを使用してきた。しかし6戦目のモナコGPからは、全13セットのうち10セットを、各チーム/ドライバーが、指定された3種類のコンパウンドの中から自由に選ぶことができるようになる。

 市街地コースであるモナコには、例年同様ウルトラソフト、スーパーソフト、ソフトの最も柔らかい3種類の組み合わせが用意されている。このうち、予選Q3専用タイヤにはウルトラソフト、決勝の使用義務タイヤにはスーパーソフトとソフトが指定(実際に使うのはいずれか1セットでよい)されていて、これ以外の10セットは、各ドライバーが自由に組み合わせている。

 しかし今回は全ドライバーが、最も柔らかいウルトラソフトを9〜11セットとかなり多く選択してきた。

 最も少ない9セットのウルトラソフトを持ち込むことに決めたのは、メルセデスとトロロッソ勢。マシンの設計コンセプトが似ていると言われる2チームが、この同じ選択になっているところが面白い。彼らはスーパーソフト3セット、ソフト1セットというところまで同じである。

 最大の11セットを持ち込むことに決めたのは、レッドブル、ウイリアムズ、ルノーの3チーム6台。つまり彼らはスーパーソフトとソフトを1セットずつしか持ち込まないということになり、いずれかのタイヤは決勝が”ぶっつけ本番”ということになろう。

 その他のマシンは、ウルトラソフト10セット、スーパーソフト2セット、ソフト1セットという選択が主流。ただ、マクラーレン・ホンダから今回スポット参戦するジェンソン・バトンのみ、ソフト2セット、スーパーソフト1セットというように、他のドライバーとは選択を分けている。ソフトを2セット選択したのも、バトンだけである。

 モナコGPは、5月25日(木)〜28日(日)にかけて開催される。

【関連ニュース】

【F1】モナコで復帰のバトン「MCL32はモナコに合う。入賞も可能」

【F1】アロンソ「モナコよりもインディ500の方が良いチャンスになる」

【F1】アロンソの決断にグロージャン「モナコを欠場するなんて……」

【F1】アロンソ、インディ500参戦を発表。F1モナコGPは欠場

【F1】バンドーン、接触でペナルティ。次戦モナコで3グリッドダウン

 

Pirelli selected sets per driver
Pirelli selected sets per driver

Photo by: Pirell

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 モナコGP
サーキット モンテカルロ
記事タイプ 速報ニュース