【F1】ライコネン「僕ができるのは、僕の”ベスト”だけだ」

ライコネンは、フェラーリ会長から非難を受けるも、良い結果を出すために最大限のことをしていると話した。

【F1】ライコネン「僕ができるのは、僕の”ベスト”だけだ」
Sergio Marchionne, Chief Executive Officer, Fiat Chrysler and Chairman, Ferrari, Maurizio Arrivabene, Team Principal, Ferrari
Kimi Raikkonen, Ferrari SF70H
Kimi Raikkonen, Ferrari SF70H, Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W08
Kimi Raikkonen, Ferrari SF70H

 フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、キミ・ライコネンは"遅い"ドライバーだと評価したが、当のライコネンは、全力を尽くしていると語った。

 レッドブルリンクを訪れていたマルキオンネは、今年はここまで、ライコネンはチームメイトのセバスチャン・ベッテルの陰に隠れており、"より高いレベルのレース"を見せる必要がある、と話していた。

 ベッテルはここまで3勝を挙げて171ポイントを獲得し、ドライバーズランキングでも首位に立っている。一方ライコネンは83ポイントでランキング5位にとどまっている。

 オーストリアGPのスタート前、マルキオンネは「キミは、"より高いレベルのレース"をしなければならないと私は考えている」と話した。その決勝レースでは、ベッテルは2位、ライコネンはベッテルから20秒遅れの5位だった。

 またマルキオンネは「私は彼が遅いドライバーだと考えたこともあったが、どうなるか見てみよう」とも語った。

 ライコネンとフェラーリとの契約は今シーズン末までとなっており、数人のドライバーがフェラーリと接触しているという。

「もちろん、僕だってうまくやりたい」とライコネンは話した。

「チームだってそう思っているけど、僕ができるのは、僕のベストだけだ。僕がトライしていないわけじゃない」

「残念ながら、時に物事は単純じゃない。でもそれも分かっていたことだ。僕たちはプッシュし続け、そうすれば物事ももっと良い方向へ進んでいくだろう」

【関連ニュース】

オーストリア決勝詳報:熾烈なレースを制し、ボッタス今季2勝目

ライコネン「もっと酷い結果だったかもしれない。3番手に満足」

ベッテル「"もう1ラップ"あれば、ボッタスを抜けるはずだった」

追突されリタイアのアロンソ「僕には何もできなかった」

ベッテル「ボッタスのスタートは人間離れしていた」

シェア
コメント
【F1】サインツJr.、”移籍希望発言”を弁明「意図が歪んでしまった」

前の記事

【F1】サインツJr.、”移籍希望発言”を弁明「意図が歪んでしまった」

次の記事

【F1】フェラーリ会長、アロンソの古巣復帰には『興味なし』と宣告済

【F1】フェラーリ会長、アロンソの古巣復帰には『興味なし』と宣告済
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー キミ ライコネン
チーム フェラーリ
執筆者 Pablo Elizalde