【F1】ラウダ「あのプレッシャーの下で優勝したボッタスには驚いた」

ニキ・ラウダは、大きなプレッシャーを受けながら初優勝を挙げたボッタスにとても驚いたと話した。

 メルセデスの非常勤会長を務めるニキ・ラウダは、初優勝を挙げたボッタスに驚いたと話したが、次の優勝もすぐにやってくると話した。

 これまでF1で80レースに出場し11回ポディウムを獲得してきたボッタスは、レース終盤、後ろからフェラーリのセバスチャン・ベッテルに猛追され大きなプレッシャーにさらされていた。

 ラウダは、「後ろからベッテルに追われるという難しい状況で初優勝を挙げたのだ。とても驚いた」と話した。

「彼は素晴らしい仕事をした」

「このようなプレッシャーの下で初優勝を挙げるドライバーを、私はこれまで見たことがない。これ以上ないほどよくやった」

 また、ターン2に到達する前にベッテルとキミ・ライコネン(フェラーリ)をパスしたスタートについて、これは"勝利へのカギ"だったと話した。

「レーシングドライバーの人生において、初めてレースで勝つというのは常に最も難しいものだ。それは私自身の経験からわかっている」

「自分の初優勝を思い出した。(自分が初優勝を挙げた)その日にチャンピオンになった(エマーソン)フィッティパルディが私のことを呼び、"おめでとう、次の勝利もすぐにやってくる"と言ってくれた。これは本当だ」

「私は同じことをボッタスにも話した。次の勝利も簡単にやってくる。彼は勝利してそれを証明した」

 メルセデスとは1年契約を結んでいるボッタスだが、移籍後4戦目にして勝利を挙げたことで、チームに良い印象をもたらした。しかしラウダは、契約延長を考えるには早すぎるという。

「今は今年のことについて話している」

「今年は勝ちたいのだ。誰が勝つのかということは気にしていない。来年のことも全く話し合っていない。バルテリは完璧な仕事をしたが、それが我々が彼に期待していることのすべてだ」

 最後にラウダは、「彼はニコ(ロズベルグ)に代わってとても良い仕事をしている」と語った。

Additional reporting by Oleg Karpov and Roberto Chinchero

【関連ニュース】

【F1】ロシアGP決勝:ベッテルの猛追及ばず、ボッタスがF1初優勝!

【F1】勝負を分けた第1スティント。ベッテル「ボッタスが速すぎた」

【F1】0.6秒差で勝利。ボッタス、F1初勝利は「夢のようだ」

【F1】ボッタスの元僚友マッサ「ベッテルは不満を言いたいんだろう」

【F1】ハミルトン36秒遅れの4位「バクー以来の、厳しい週末になった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ロシアGP
サーキット ソチ・アウトドローモ
ドライバー Niki Lauda , バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース