【F1】リカルド、アップデートに期待「トップから0.5秒以内が目標」

リカルドは、バルセロナで予定されているアップデートに期待しており、トップから0.5秒以内を目指していると語った。

 レッドブルのダニエル・リカルドは、チームがバルセロナでアップデートを投入し、メルセデスやフェラーリと戦えるようになることを期待している。

 開幕以来メルセデスとフェラーリに対し遅れをとっているレッドブルは、来月のスペインGPで"大幅な"アップデートを投入しようと計画している。

 今シーズン、ここまでのベストリザルトが4位となっているリカルドは、改良されたRB13が、上位2チームと戦えるほど十分な競争力を持つことを期待している。

 リカルドは、昨年はスペインGPとモナコGPを迎える前に、ソチでレッドブルがペースを発揮できたということに励まされたと話した。

「(アップデートをして)"弾丸"のように速くなることを願っているよ」

「フェラーリとメルセデスと、3チームで戦いたい。これが僕の望みだ。僕たちも彼らの争いに加わりたい」

「昨年のここでの予選を考えると、ポールポジションのタイムから約1.5秒離され、次のバルセロナではその差が0.5秒になっていた。そしてモナコでは速かった」

「だから今年も、いくつかアップデートの投入を考える時期だ。今はすべての部分でアップデートが必要だ。ダウンフォースやリヤのフィーリングについて話し合ってきた」

「これまで、何レースかにおいて僕たちの前を走っていたフェラーリについてたくさんのことを考えてきた。彼らはメルセデス同様に強いし、リヤを上手に使えている。だから良いラップタイムを出すことができているのだと思う」

"0.5秒以内"が目標

 またリカルドは、シャシーを改良し、カナダでルノー製パワーユニットもアップデートされ、その結果レッドブルがトップから0.5秒以内を走ることができれば、それで満足できるだろうと話した。

「今よりも良くなるという自信はある」

「僕たちが求めているものは改善だ。昨年のようにステップアップし、少しずつ差を縮めていきたい」

「最初のステップが重要なので、バルセロナでのアップデートに期待しよう。もし(トップから)0.5秒以内を走れたら、それで満足だ」

【関連ニュース】

【F1】5位のリカルド「序盤は優勝すら可能だと思っていたのに……」

【F1】DAZNのロシアGP配信スケジュールが決定

【F1】ルノーは2017年新仕様MGU-KのロシアGP投入を目指す

【F1】レッドブル、2021年以降のエンジンの方向性次第で撤退を示唆

【F1】ベッテル「ロシアの気温が低くても、メルセデスと戦える」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース