【F1】リカルド「メルセデス不調が事実なら、土曜日に期待できるかも」

リカルドは、ベッテルがメルセデスのペースが”奇妙で”あったという意見に口を揃えた。一方で彼はメルセデスと勝負できることを期待しているようだ。

 モナコGPのフリー走行2回目では、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録し、レッドブルのダニエル・リカルドは2番手となった。対するメルセデスのふたりは、タイムが伸び悩み、8番手と10番手に甘んじた。

 リカルドは、メルセデスのペースが”奇妙で”あったというベッテルの意見に口を揃えた。その一方、レッドブルがメルセデスと勝負できることを期待しているようだ。

「なんだか変だった。確かに朝のメルセデスは強く見えたんだ。特にルイス(ハミルトン)はね。でも午後になると、燃料に何かを混ぜたかのように彼らは変わってしまった」とリカルドは言う。

「2015年のシンガポールのようなことも起きるかもしれない。それが現実となったら、僕は期待せざるを得ないよ。もしかしたら土曜日は、3チームでの争いになるのだから」

「確かに細々とした作業をしたいところはあるけど、基本的には出来上がっているからかなり希望が持てるよ」

 リカルドのチームメイトであるマックス・フェルスタッペンは、FP1で3番手タイムを記録したが、FP2では6番手となった。フェルスタッペンはポジティブな日であったことを認めるが、チームはまだ改善が必要だと主張している。

「良いパフォーマンスだったから満足している。フリー走行2回目はちょっと厄介だった。アタックを開始しようとしたら赤旗が振られてしまったんだ」

「でもほぼ大丈夫だ。木曜日に一番速く走る必要はないんだからね。それは僕が学んだことだ。ポジティブだったけど、まだ改善する必要がある」

Additional reporting by Erwin Jaeggi

【関連ニュース】

【F1】ベッテル、メルセデスの木曜のペースは「奇妙だ」と警戒

【F1】クラッシュしたストロール「ゲームと同じ場所で苦戦している」

【F1】FP2で12番手のバトン「ハードブレーキする自信を得られた」

【スパイショット】モナコGPで見えた、F1の"美しい"開発競争

【F1モナコGP】FP2:ベッテル圧倒的首位。メルセデスは苦戦なのか?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 モナコGP
サーキット モンテカルロ
ドライバー ダニエル リカルド , マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース