【F1】リカルド、勝利を逃したモナコのレース後「すぐ僕のアパートに帰った」と告白

シェア
コメント
【F1】リカルド、勝利を逃したモナコのレース後「すぐ僕のアパートに帰った」と告白
Andrew van Leeuwen
執筆: Andrew van Leeuwen
2016/11/30 3:20

ダニエル・リカルドは、モナコで勝利を逃した後、チームのクルーと会話をすることなく、自らのアパートに戻っていたことを告白した。

Daniel Ricciardo, Red Bull Racing
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 celebrates his win at the podium with Daniel Ricciardo, Red Bull Racing and Sergio Perez, Force India
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing climbs out of his car in parc ferme
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid and Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB12 battle for position
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB12
(L to R): Daniel Ricciardo, Red Bull Racing with Dr Helmut Marko, Red Bull Motorsport Consultant on the grid

 今年のF1モナコGPで、レッドブルのダニエル・リカルドは勝利を目指してひた走っていた。しかし、ウエットタイヤからスリックタイヤに交換する際にコミュニケーションミスがあり、大幅にタイムロス。これが原因で、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝を果たし、リカルドは2位でレースを終えることとなった。

 リカルドはMotorsport.comに対し、表彰式と記者会見の後、チームの誰とも会いたくなかったということを認めた。

「基本的に、レース後に僕が会ったのは、ヘルムート(マルコ)だけだった。彼はただ謝罪するためだけに、僕の部屋で待っていたんだ」

「そして、僕はすぐ、僕のアパートに帰った」

 リカルドはそう告白した。

「”キレる”のは僕のスタイルじゃない。僕はただ、誰にとっても良い環境じゃないと思ったんだ。だから僕は『すぐに帰って、自分の部屋にいよう』としたんだ」

「僕はクリスチャン(ホーナー)とは、レース翌日の月曜日に話をした。彼は僕に電話してきて、謝罪してくれたんだ。僕はその出来事を克服するのに数日かかった。しかし、僕は彼の名やその他の人を呼ばなかった」

「僕はみんなが傷ついているのを知っていた。それは不愉快な状況だった」

【関連ニュース】

リカルド「モナコで逃した勝利を取り返したい」

リカルドの敗北原因判明。タイヤは手の届きにくい所にあった

F1モナコGP決勝:ハミルトン今季初優勝。リカルドはまさかのミス。2戦連続で勝利を逃す

次の F1 ニュース
【F1】急遽タイヤテストに参加したハミルトン。「感触が良くない」と早々にテスト切り上げ

前の記事

【F1】急遽タイヤテストに参加したハミルトン。「感触が良くない」と早々にテスト切り上げ

次の記事

【F1】ハミルトンの行動を支持するサインツJr.「僕がルイスだったら同じことをする」

【F1】ハミルトンの行動を支持するサインツJr.「僕がルイスだったら同じことをする」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント モナコGP
ロケーション モンテカルロ
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム レッドブル 発売中
執筆者 Andrew van Leeuwen
記事タイプ 速報ニュース