【F1】リカルド、現実的な目標は5位。「”トップ2チーム”が速すぎる」

レッドブルのダニエル・リカルドは、5位より上の順位を目標とするには、フェラーリとメルセデスが”速すぎる”と認めた。

 レッドブルのダニエル・リカルドは、ロシアGPでチームが5位以上を目標とするには、フェラーリとメルセデスが”速すぎる”ことを認めた。

 ロシアGPのフリー走行2回目、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)はトップのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)よりも1.420秒遅れの5番手、リカルドはさらに0.3秒遅れの6番手となった。

 リカルドは、レッドブルの現実的な目標はトップ2チームの後ろだと認めた。レッドブルはライバルと比較してパワーとダウンフォースの両面で苦しんでいるが、次戦スペインGPで大規模なアップデートが導入される予定である。

「今週末ここで、僕たちができることを認識しているし、現在のマシンとパッケージでできることをしようとしている」とリカルドは語った。

「だけど、僕たちは今週末あまり多くは期待していない。できることをして、やれる仕事をする。そして、数週間後にはもう少し戦えることを願っている」

「僕たちは、トップ5を目標にしなければならない。つまり、フェラーリとメルセデスの後ろだ。彼らの”ネクスト・ベスト”を目指すのが現実的な目標だ」

「僕たちは改善できるが、これまでのところ、5位と6位がチームとして目指せるベストだ。フェラーリとメルセデスが速すぎるんだ」

燃圧の問題でストップしたフェルスタッペン

 フェルスタッペンは、フリー走行2回目の残り20分の時点でコース上でマシンを止めた。この際、彼は『パワーを失った』と無線で述べていた。

 フェルスタッペンは、ソチはレッドブルの強みを発揮出来るようなトラックではないと認め、今回のマシンストップが燃料の圧力関連の問題であることを明らかにした。

「僕たちが考えている問題の原因は燃圧だ」と、ストップについてフェルスタッペンは説明した。

「もちろん、少し残念だ。ロングランがしっかりできなかった」

「僕たちは、明日改善できるか試してみなければならないが、このトラックは僕たちに向いていない。最善を尽くそうと頑張ってみる」

「僕たちは、特にここではパワーで負けているし、望むようなダウンフォースも得られていない。コーナーとストレートが一緒になっているので、状況をさらに難しくしている」

【関連ニュース】

【F1ロシアGP】FP2:フェラーリ1-2。メルセデス勢はアタック苦戦

【F1ロシアGP】FP1:ライコネン首位。バンドーンにまたしてもトラブル

【F1】リカルド、アップデートに期待「トップから0.5秒以内が目標」

【F1】フェルスタッペン「まだ上位2チームとのギャップがある」

【F1】苦しむレッドブル。リカルド「効果的な対処法はまだない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ロシアGP
サーキット ソチ・アウトドローモ
ドライバー ダニエル リカルド
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース