【F1】リカルド「言い訳しない。予選ではフェルスタッペンが速かった」

リカルドは、ここ数戦予選でフェルスタッペンに遅れを取っていることについて、「彼が速かっただけ」とフェルスタッペンの速さを認めた。

 レッドブルのダニエル・リカルドは、ここのところ予選でチームメイトのマックス・フェルスタッペンの先行を許しているが、言い訳をせず、「ただ彼の方が速かっただけ」だと認めた。

 フェルスタッペンは、直近4レースの予選ではリカルドを上回る結果を出してきた。しかしレースでは、フェルスタッペンにトラブルが相次いでおり、リカルドの方が良い結果でレースを終えている。

 リカルドは予選の結果に関して、「僕はあちこちでいくつかミスを犯してきた」と話した。

「単純にマックスが速いということだ」

「マックスには敵わなかった。彼は良いドライビングをしてきたんだ」

「もちろん、昨年僕たちはお互いにとてもプッシュし合っていた。長いことチームメイトでいればいるほど、お互いプッシュするようになるものだと思う」

「彼は本当にうまくやってきたし、気持ち良くマシンに乗っているのがわかるだろう。彼は自信を得ることができているし、そのことが彼を助けることになっているんだと思う」

「僕としては、ミスを減らしてもっと完璧に近づいたと思っていた。でも言い訳はしない。ただ彼のドライビングが良かったんだ」

 またリカルドは、ここ数レースではなぜフェルスタッペンのマシンに望んでもない信頼性の問題が起きてしまったのか、レッドブルも原因を見つけられていないと話した。フェルスタッペンは、カナダGPとアゼルバイジャンGPでメカニカルトラブルに見舞われ、どちらもリタイアとなっている。

「ここ4レースでは、彼は僕を上回っていたので、とても速いんだと思っていた。でもエンジンが彼についていけなかったんだ」とリカルドはジョークを飛ばした。

「正直に話すと、何も(問題となりそうなものを)見つけられなかった。彼はエンジンに過剰に負荷をかけたり、何か(トラブルの)理由を説明できるようなことをしたのではない」

「"幸運"とか"不運"という言葉が適切だとは思わないけど、でもいずれにせよそういうことだ。彼がトラブルを引き起こしたのだとは絶対に思わない」

「前回のレースでは、彼はもっと不運だった。そして僕には信頼性もあって、幸運だった。でも、こうなった結果の本当の理由がそれだとは思わない」

ベストでもワーストでもないオーストリア

 リカルドは、レッドブルのホームコースでのレースとなる今週末のオーストリアGPに向けて、チームはここでも競争力を発揮できると期待を持っている。

「どうなるか見てみよう。できれば、少なくとも5位には入りたいけど、理想としてはもっと差を縮めたい」

「僕たちは強くなっている。ここは僕たちにとって最悪のコースではないし、ベストなコースでもないけど、昨年マックスはここで表彰台を獲得しているし、おそらく大丈夫だと思う。でもメルセデスとフェラーリは、ここでもかなり速いだろう」

「特にメルセデスだ。彼らは強い。普通に彼らはここで速いけど、バクーでも速かったし、僕たちが考えている以上の(パワーユニットの)エクストラモードがあるんだろう」

「いずれにせよ、セクター1では馬力が全てだ。彼らはそこで一歩前をいくだろう。たとえ僕たちがセクター2と3で戦うことができたとしても、それでも彼らの方が速いと思う」

【関連ニュース】

ルノー、現PUのコンセプトに自信。メルセデスの”模倣”はせず

リカルド、ベッテルのペナルティは妥当も「愚かと言う他ない」

レッドブルリンクのコーナー数を合計10に変更。MotoGP基準に

オーストリアGP、チェッカーフラッグは来場したファンが担当

F1、F2、GP3……今週末のDAZN配信スケジュールが確定

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド , マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース