【F1】リバティの方針に対策か? 新”チーム協会”設立の動き

リバティ・メディア買収後のF1でも、引き続きチームの財政と権利を守るため、かつて存在したFOTA的な協会を組織する動きがある。

 主だったF1チームが、かつて存在したFOTA(フォーミュラ・ワン・チームズ・アソシエイション)のようなチームの連合体を組織作ろうとしていることが、英国AUTOSPORT誌の取材により分かった。彼らは、財政状態の確保及び”コンストラクターズ選手権ボーナス(CCB)”によって保護されているチームのメリットを維持することを目指しているとみられる。

 このCCBは、メルセデス、レッドブル、フェラーリ、そしてマクラーレンの4チームに適用されており、これらのチームはF1の商業権保有者であるFOMから、優先的に放映権料などの”分配金”を受け取っている。

 F1を買収したリバティ・メディアは、現在のF1の不公平な支払いシステムを改革することを目指している。しかしこのリバティ・メディアの方針は、CCBの恩恵を受ける一部のチームからの反発を受けるのは必至である。

 バーニー・エクレストンがF1を率いていた時代、FOM(フォーミュラ・ワン・マネジメント)との取り決めにより、CCB対象の4チームに支払われている金額は、全チームに支払われる総額の65%を占めるという。つまり、他のチームに支払われる額の合計は分配金総額の35%で、これを7チーム(マノー撤退前)で分けていた。

 AUTOSPORTが接触した主要チームの人物は、いずれも新しい”チーム協会”を作る動きがあることについて認めなかった。しかし、チーム間での話し合いがすでに行われることについては、否定していない。

 あるチームの匿名の人物は、次のように語った。

「我々はチームミーティングやディスカッションに参加する準備ができている。しかし、これらの議論の進展は必然的に困難に直面するだろうし、(特定のCCBチームは)特権的な立場を保護しようとするかもしれない」

 しかし彼は、次のようにも付け加えた。

「我々はF1を良くするために、フォーミュラ・ワン・グループを支援することで、共に働かなければならない」

 F1を運営するFOMと、それを統治するFIAによる政治的な争いが勃発したことで、F1チームが結束しFOTAが設立されたのは2008年のことだ。しかし次第に関心が薄れたこと、そしてFOMとCCBチームが契約したことによって離脱が相次いだことで、2014年に解散することになった。

 この新しい協会が全てのチームの利益に役立つのか、F1の収益のほとんどを占めるチームの利益にだけ役立つのかは不明である。ある独立系チームの代表は、CCB対象チームのための新”FOTA”と、その他のチームのための新”FOTA”の、ふたつの新しいFOTAが生まれる可能性もあると推測している。

Anthony Rowlinson and Dieter Rencken

【関連ニュース】

【F1】欧州議会、F1の分配金支払い構造の"迅速な"調査を要請

【F1】ウイリアムズ「チーム分配金の公平化は我々にとって有利」

【F1】マクラーレンCEO「北米で人気得るため、もっとレースするべき」

【F1】チームとリバティ、チームのF1株式取得に関する議論を継続中

【F1】「数年前の”恐ろしい”外観にはならない」チーム代表らが断言

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース