【F1】ルノーは2017年新仕様MGU-KのロシアGP投入を目指す

ルノーは、本来の2017年仕様のMGU-Kを、ロシアGPから搭載することを目指しているとみられる。

 ルノーの新仕様のMGU-Kには、信頼性の問題が指摘された。そのためルノーは、リスクを最小限にすべく、ワークスチームとレッドブル、そしてトロロッソに搭載するMGU-Kを、シーズン序盤の数戦は2016年仕様に戻すことを決めた。

 しかしこの旧式のMGU-Kは、新仕様に比べれば5kg重く、冷却のため1kg余分なエアボトルを搭載しなければならないと言われており、パフォーマンスへの影響は明らか。そのためにルノーは、できるだけ早く2017年バージョンに戻すため、あらゆる手段を尽くしている。

 ルノーがいつから新仕様のMGU-Kを投入するのか、その正式な発表はまだないが、ある情報源によれば第4戦ロシアGPに投入することを目指し、作業が進められているという。

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、「我々は2017年仕様をできるだけ早く戻すつもりだ」とmotorsport.comに語った。

「ご存知の通り、MGU-Kの出力はレギュレーションにより120kWに制限されている。そのため、我々はそれを変えることはできない。しかし、重量や冷却、そして使用条件などは変えることができる」

「2017年仕様は少し改善されているが、それは勢力図を変えるようなものではない。現状でも勢力図を変えることはないし、2017年仕様を戻しても、そうなることはないだろう」

 2基目のパワーユニットを投入する際、最新版のMGU-Kを投入する可能性について問われたアビテブールは「絶対に」と語る。

「我々はエンジンに様々な組み合わせの可能性を持っている。だから、今あるものに縛られることはない。我々はできるだけ早くそれを持ち込むつもりだ」

【関連ニュース】

【F1】レッドブル、ルノー製PUの大型アップグレードを待ち望む

【F1】「ルノーは今年中に4番手チームになる」ドライバーふたりが自信

【F1】ルノー、開幕戦に向けMGU-Kの構造を大幅に変更

【F1】ホンダを警戒するルノー「いまだに脅威。安全だと思っていない」

【F1】ルノー代表「自動車メーカーがF1の”主役”であるべき」と主張

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム レッドブル , ルノーF1チーム , トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース