【F1】PU開発に自信のルノー「シーズン中にメルセデスに追いつく!」

ルノーのシリル・アビデブールはパワーユニットの開発に自信を持っており、今シーズン中にメルセデスとのギャップをほとんど無くすと語った。

【F1】PU開発に自信のルノー「シーズン中にメルセデスに追いつく!」
Christian Horner, Red Bull Racing Team Principal with Dr Helmut Marko, Red Bull Motorsport Consultant; Jerome Stoll, Renault Sport F1 President; and Cyril Abiteboul, Renault Sport F1 Managing Director
Cyril Abiteboul, Managing Director, Renault Sport F1 Team
Cyril Abiteboul, Renault Sport F1 Managing Director
Max Verstappen, Red Bull Racing RB13
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB13 crosses the line
Jolyon Palmer, Renault Sport F1 Team RS17, leaves his pit box after a stop
Alan Permane, Renault Sport F1 Team Trackside Operations Director with Cyril Abiteboul, Renault Sport F1 Managing Director, Nick Chester, Renault Sport F1 Team Chassis Technical Director, and Ciaron Pilbeam, Renault Sport F1 Team Chief Race Engineer
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team RS17

 レッドブルは今シーズン、躍進するためにはルノー製パワーユニット(PU)のアップグレードが鍵だと感じているようだ。しかし彼らは開幕戦オーストラリアGPの後、大きなアップデートが施されたPUを受け取るのは、6月に行われるカナダGPまで待たなければならないと語っていた。

 しかしルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビデブールは今月、信頼性に関する懸念のため、アップグレードは7月の末までに導入される計画だと述べた。

 ルノーのPUアップデート計画についてmotorsport.comがアビデブールに尋ねると、彼は次のように語った。

「いつものことだが、レッドブルはパフォーマンス開発について間違ったコミュニケーションを行っている」

「率直に言って、こういったアップデートに焦点を当て、重要視することを私はしたくない。なぜなら、エンジンは毎週良くなっているからだ」

「我々は、信頼性がパフォーマンスの提供と改善にとって重要な問題であると語ってきたし、これはまさにそのようなケースだ」

「今週、我々はダイノ(ベンチテスト)でプログラムを完了したばかりだが、土曜の午後には(ルノー製PUを使用する)全3チームにそのマップをすぐに提供した」

「出力という点で、メルセデスと同等のところまで突然飛躍するわけではないが、それは小さな改善だ。モナコではもっと多くのモノがもたらされるだろうし、3基目のPUを導入した際にもそうなるだろう」

「我々はレースごと、そしてシーズンを通してエンジンを改良していくことを保証できる。エンジンソフトウェアやハードウェア、我々のパートナーからもたらされる燃料及び潤滑油を見れば、かなりまともな前進を果たせると確信している」

 ルノーは、2017年仕様のMGU-Kの改良版をいつ導入するか、確定していない。ロシアGPでこの新仕様のMGU-Kを投入するという話もあったが、結局まだ投入されていないようだ。旧仕様のMGU-Kは5kg重く、冷却のために追加で1kgのエアーボトルが必要となっている。しかしながら、その重量はあまり問題にはなっていないという。

「3基目のPUでそれを導入することは可能だ」とアビデブールは述べた。

「おそらくシーズン序盤は重量が問題だっただろうが、いつものようにほとんどのチームはそれに対処している。新しいMGU-Kがもたらすのはわずかな重量減のみであり、それはあまり急を要するものでもない」

 アビデブールは、ルノーが来シーズンコース上でライバルたちと対等に戦えるように、メルセデス製PUに対する出力不足をシーズン末までに無くしてしまうことを狙っている。

「ギャップは完全に埋まり、今年のようなことは起こらないだろう」と彼は語った。

「我々は来年に向けて考えている。しかしこれまで言ってきたように、我々が現在、棚上げしているモノを導入すれば、今シーズン中に(メルセデスとの)ギャップをほとんど埋められると考えている」

「来年のエンジンについて既に明確なアイデアを持っており、来シーズンの間にギャップを完全になくすことが目標だ」

【関連ニュース】

【F1】バトン「”大幅”アップグレードにより、モナコで成功できる」

【F1】レッドブル「昨年のタイヤテストのせいで開発の方向性を誤った」

【F1】ボッタス「ホイールベースの”長さ”は、モナコで弱点にならない」

【F1】ハミルトン「マシン重量のため、ドリンクを積んでいなかった」

【F1】ルノーは2017年新仕様MGU-KのロシアGP投入を目指す

シェア
コメント
【F1】マクラーレン「アロンソはインディの環境を楽しんでいる」

前の記事

【F1】マクラーレン「アロンソはインディの環境を楽しんでいる」

次の記事

【F1】「トップ2チームは”怖いくらい”速い」と語るヒュルケンベルグ

【F1】「トップ2チームは”怖いくらい”速い」と語るヒュルケンベルグ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ , ルノーF1チーム
執筆者 Lawrence Barretto