【F1】ルノー、アロンソ獲得の可能性を語る「批判されるのは避けたい」

ルノーのシリル・アビテブールは、フェルナンド・アロンソ獲得について、「タイトル争いができるマシンを用意できない」と否定的だ。

 ルノーF1チームのマネージングディレクターであるシリル・アビデビールは、フェルナンド・アロンソを2018年に迎えるのは早すぎると考えている。なぜなら、チームはまだ、アロンソの期待を満たすことができないと考えているからだ。

 先日行われたベルギーGPで、ルノーはトップ3チームに次ぐ4番目に速いマシンを持っていた。シーズン開幕当初から比べれば、大きな進歩である。しかしアビテブールは、チームは来年、アロンソが満足するほどの進歩を遂げることはできないだろうと考えている。

 アビテブールは、ルノーがアロンソから、ホンダがさらされているのと同じような批判を受けることを恐れている。それは、明らかに否定的な”宣伝”となってしまうからだ。

 アロンソは2003〜2006年にルノーに在籍して、2度のワールドチャンピオンに輝いた。そして、2008年と2009年にも、同チームに所属した。そのアロンソは、9月にも将来について決定すると語る。

 マクラーレンは、アロンソをチームに繋ぎ止めるため、ルノーのパワーユニットを手に入れようとしているとの噂もある。

「フェルナンドについての私の答えは、いつも同じだろう」

 アビテブールはmotorsport.comに対してそう語った。

「最初に、彼はチームにとって素晴らしい一員であり、戦略上考慮すべき中にあると思う」

「第2に、彼のタイミングを見なければならないし、他チームのタイミングも見なければならない。そして過去に成功した組み合わせだったというだけでなく、今後も成功する付き合いにならなければいけない」

「我々が心配しているのは、その未来だ。彼は彼なりの考えを持っている。彼はすぐにでもチャンピオンシップを争う立場になりたいのだと、私は思う」

「我々がその力のあるマシンを提供するには、もう少し時間がかかるだろう。フェルナンドがルノーのマシンに乗ったことで不満を抱えることは、明らかに避けたいことだ」

 2018年シーズン、ニコ・ヒュルケンベルグのチームメイトには、セルジオ・ペレス、カルロス・サインツJr.、エステバン・オコン、ロバート・クビサらの名前が候補として挙がっている。

 アビテブールはクビサのF1復帰について、さらなる”答え”を必要としていると語る。クビサがシーズン終了後のアブダビテスト前に走行を行うなら、金曜フリー走行を担当する以外に道はない。

「レギュレーションにより制限されていなければ、多くのテストを行うなど、できることはたくさんある。しかし、多くの若手ドライバーがF1に昇格しようとする時と同じだ。そこには制限があり、ロバートにとってもそれは変わらないだろう」

「だから、パドックに残された時間で、彼と共に仕事ができるタイミングを見なければならない。それは動いている」

「すでにいくつかの発表があった。そして、これから先2〜3週間の間に、さらに多くの発表があると確信している。我々もそうしなければいけないと思う」

 アビテブールは、クビサをF1に復帰させることは、バックアッププランではないことを主張した。

「私は、ロバートがプランBやプランCだと言うことは決してないだろう。問題は彼がF1で再びレースをすることができるかどうかだ。もしその答えが何の疑問もなく”イエス”なら、そういった質問が出ることはないだろう。しかし、残念ながらそれはまだ明確にはなっていない」

「我々のマシンがグリッド上で4番目に速くなったと言う事実は、我々にとっても、当初期待していた以上に多くのチャンスを生み出している」

「もう少し時間はある。だから深く考え、そして全てのチャンスを見てみたいと思う」

【関連ニュース】

ヒュルケンベルグ、6位入賞も「ルノーに開発止める”余裕”ない」

ホンダ、リタイアしたアロンソのエンジンに”問題”を発見できず

アロンソ「これまで以上に僕の市場価値も上がっている」

フェルスタッペン「僕のリタイア数はアロンソと競うレベル」

アロンソ、複数のオファーを認めるも「決断を下すのは9月」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース