【F1】ルノー、クビサの2度目のテストは「彼の能力を評価するため」

ルノーF1チームは、クビサにはF1に復帰できるだけの能力があるかどうかを判断するため、2度目のテストを行うと明かした。

 先月、クビサはバレンシアのサーキットでルノーの2012年型マシンE20を使ってテストを行い、実に6年ぶりにF1マシンをドライブした。

 今週伝えられたところによると、正式な発表は今後なされる予定であるが、彼は2回目のテストを行うことになっているという。

 木曜日には、この2度目のテストはフランスのポールリカール・サーキットで行うとルノーは明かしたが、正確な日時までは述べられなかった。なおmotorsport.comでは、このテストは来週行われるのではないかと推測している。

 ルノーは、"クビサが最高レベルの争いに復帰するための能力"を判断することが、今度のテストの狙いだと語った。

 ルノーのチーム代表であるシリル・アビテブールは、次のように話した。

「バレンシアでのテストは、ロバートにもう一度ドライビングの感覚をつかませただけだった。2度目のテストでは、最も高いレベルでの戦いに戻るための能力を評価したい」

「これは彼の個人的な、そしてプロとしての旅の新な局面だ。プロのドライバーやそうでないドライバーにも適したポールリカールで、我々のマシンを走らせるという形で彼をサポートできることを誇りに思っている」

「彼が乗り越えなければいけないハードルはまだいくつかある。しかし彼は、自分がいつかプロフェッショナルなドライバーとして復帰できるかどうかを決めるのは、自分のパフォーマンスだけだということを、他の誰よりもよくわかっている」

 2011年にラリーで大クラッシュを喫して以来、クビサはF1から遠ざかってきたが、F1に復帰できるチャンスは"80~90%"だと彼は話していた。

【関連ニュース】

2回目のF1テストに挑むクビサ「復帰のチャンスは大いにある」

ルノー「現時点で来季シートの候補者リストにクビサの名はない」

F1復帰を目指すクビサ「限界はない。マシンにうまく適応できる」

ルノー「クビサは十分に速い」と太鼓判も、今後の予定は”未定”

クビサ「F1復帰は実現可能な目標だと、感じることができた」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ロバート クビサ
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース