【F1】ルノー、マクラーレンとの議論を認めるも、実現可能性は低い!?

ルノーは来年以降のパワーユニット供給について、マクラーレンと協議を行ったことを認めたが、実現の可能性は低そうだと語る。

 マクラーレンは現在、来季もホンダ製パワーユニットを使うか、あるいは別のサプライヤーに切り替えるのかを検討している段階だと伝えられている。しかしフェラーリとメルセデスは、マクラーレンにパワーユニットを供給することについては興味を持っておらず、そうなればサプライヤーを変更する場合はルノーが唯一の現実的な選択肢だと思われる。

 とはいえルノーも、レッドブル、トロロッソ、ワークスのルノーの3チーム分のパワーユニットをすでに手がけており、2018年シーズンにその供給先を4チームに増やすことについては、消極的であるとみられている。

 一時はトロロッソが来季ホンダ製パワーユニットに切り替えるのではないかと言われたが、この話は進呈していないようだ。

 ベルギーGPの現場で取材に応じた、ルノーF1のマネージングディレクターであるシリル・アビデブールは、マクラーレンとの話し合いを行ったことこそ認めたものの、契約締結の見込みは少ないことを示唆した。

「レッドブル・レーシングとトロロッソに関しては、複数年契約を締結している」

 アビテブールはそう語った。

「正直に申し上げて、我々は議論の場をオープンにしている。そしてマクラーレンと話し合いを行ったことは認める。しかし今現在、3チーム以上のパワーユニットを供給する場合は、レギュレーション上で制限が設けられている」

「それに加えて、3つ以上のチームにパワーユニットを供給することで、サービスのレベル、サービスの質を下げるということは、妥当ではないと思う」

「我々は率直に話し合い、現在の契約を交わしている。レッドブルとの関係は、非常に大切にしている。それは長年の関係であり、2020年までこの関係を続けていきたいと考えている。しかし、他の場所に何かする必要がある場合、なぜそれをしないのだろうか?」

「しかし現時点では、物事が非常に”静か”であることを理解している。そして彼らは、必ずしも何かを求めているわけではない」

【関連ニュース】

アロンソ「今の状況に”爆発”しても仕方ない。皆を信じている」

ホンダ、ベルギーGPでバンドーンに”スペック3.6”を投入

ホンダ、イルモアと提携で前進? マクラーレンとの契約も継続か

トロロッソと”交渉決裂”の噂。真相をホンダ山本MS部長に訊く

成長著しいルノー。発展を続ける理由とチームの内情を語る

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース