【F1】ルノー、夏休み明けにPUアップデート。「良い流れ継続したい」

ルノーは、パワーユニットのソフトウェアとハードウェア、両方のアップデートをベルギー及びイタリアGPで導入する予定だ。

 ルノーは、シーズン序盤からパワーユニット(PU)の信頼性に問題を抱え、メルセデスPUとフェラーリPUに遅れを取った。

 来年までPUの大規模なメジャー・アップデートは予定していないルノーだが、エンジンチーフを務めるレミ・タフィンは、パワーが重要となる次の2レース(ベルギーGPとイタリアGP)にアップデートを持ち込むことを認め、シーズン後半にもアップデートの予定があることを明かした。

「スパとモンツァでは、ソフトウェアとハードウェアの面でアップデートがある予定だ」と彼は語った。

「我々はモンツァを、エンジンの序列がはっきりとわかる、ベンチマークだと見ている」

「次の2つのサーキットはパワーが重要になるので、トップ10に入ることができれば、良い結果だと言えるだろう」

「モンツァの後にも多くのレースがあるが、同時に多くの開発も進行中だ。次の2カ月が、2017年シーズンの結果にとって重要になってくるだろう」

 タフィンは、ルノーが残りのシーズンで信頼性の確保に集中することは良いことであり、シーズン終了までにルノーのワークスが”4番目に速いマシン”になるという目標を達成できると語った。

「我々がグリッド上で最速ではないことはわかっているが、チームとして、トップ3(メルセデス、フェラーリ、レッドブル)の次に力があることを示している」

 そうタフィンは述べた。

「イギリスGPやハンガリーGPで見せたように予選のペースは良く(ニコ・ヒュルケンベルグがそれぞれ予選6番手、7番手)、4番目にベストなチームになる能力が我々にはある。あとは予選での速さを確立し、レースペースを改善するだけだ」

「そのためには、すべての水準を上げていく必要がある。信頼性や走行距離を向上させる必要があるし、我々はそれに細心の注意を払っている」

「我々は今、良い流れに乗っているし、空力とエンジンの両面でパフォーマンスを上げ続けていきたい。それが、今後のレースでも見られることを願っている」

 スパ・フランコルシャンはパワーが重要になるサーキットだが、タフィンはルノーがまだ好調を維持できると考えているようだ。

「良い結果が得られる可能性はある」

「ここ数レース、我々のマシンのパフォーマンスは良かったし、スパでもその流れを続けることができない理由はない」

「スパは、1周のうち67%をフルスロットルで走るので、PUへの要求が大きいサーキットだ。だが、我々のドライバーはうまくドライブしているし、シャシーのパフォーマンスも良い。エンジンも順調で、全てが正しい方向に向かっている」

【関連ニュース】

トロロッソと”交渉決裂”の噂。真相をホンダ山本MS部長に訊く

トロロッソとホンダ間のPU契約交渉、決裂か?

成長著しいルノー。発展を続ける理由とチームの内情を語る

ルノー、アップデートのために”開発を遅らせた”ことを明かす

信頼性に苦しむルノー、PUコンセプト一新で「変更しすぎた」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ジョリオン パーマー , ニコ ヒュルケンベルグ
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース