【F1】ルノー「無理な約束をして、アロンソを獲得することはない」

シェア
コメント
【F1】ルノー「無理な約束をして、アロンソを獲得することはない」
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2017/04/24 10:21

ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールが、来季フェルナンド・アロンソを獲得するという噂について語った。

Fernando Alonso announced as the Renault F1 Team race driver for 2003
Cyril Abiteboul, Renault Sport F1 Team Managing Director
Cyril Abiteboul, Renault Sport F1 Managing Director
Jolyon Palmer, Renault Sport F1 Team RS17
Cyril Abiteboul, Managing Director, Renault Sport F1 Team
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team RS17
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team RS17

 フェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダの現状に大きな不満を募らせている。そのためアロンソは、来季ルノーに復帰するのではないかという憶測が、まことしやかに囁かれている。

 ワークス活動を復活させ3年目のシーズンを迎えることになる来季のルノーと、”勝てるパッケージ”を求めているアロンソにとって、ルノー移籍という話は理に適っているように思える。しかし、ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、”2018年に達成できること”を無理に約束し、アロンソとの契約を締結しようとすることは、間違っていると語る。

「私は誰か特定のドライバーと、大成功を収めるためにここにいるわけではない。私は、過去に生きているわけではないんだ」

 2018年のルノーが、アロンソのようなドライバーを迎える準備ができているかどうか訊かれたアビテブールは、そうmotorsport.comに答えた。

「フラビオ(ブリアトーレ)とフェルナンドがチームに参加した時、私はF1で働き始めた。だからその時代は、私にとってとても思い入れがある。しかし、状況は変わった。我々は将来に向けて、正しいラインアップを手にする必要がある」

「我々が来年、チャンピオンシップを争えるポジションにいるとは思っていない。だから我々は、チャンピオンシップに加わるまでの戦いをサポートしてくれるドライバーを必要としている。しかし、それが起きるための時が来る準備をするため、待たねばならない」

ドライバーの力だけで、トップチームにはなれない

 アビテブールは、2018年の計画については慎重な姿勢を崩さない。しかし、ルノーが再び勝利を争えるチームになるためには、長期的にチームにとどまることができる、トップドライバーを獲得する必要があるということに、疑いの余地はない。

「チームを第2グループから先頭グループに引き上げることのできるドライバーなどいない。それは確かだ。しかしもし先頭グループにいるのなら、数レースあるいは1年待ち、レギュレーションが安定性が保たれれば、すべてのディテールが重要になるだろう」

「F1はおそらく、チームやクルマのレースではなく、ドライバーが主体となるレースになっていくことだろう。そういう点と、開発状況を考えれば、我々は2年後にトップグループの一員になれればいいと思っている」

「規則が安定して、すべてが収束する方向になれば、最高の貢献をしてくれるドライバーを確保することが、最も重要になるだろう」

「それは重要になるはずだし、我々はその役割を果たしたいと思っている。しかし我々は、”狂った”ことをするつもりはない。なぜなら我々は、我々が置かれた状況を知っているし、その間は自ら見つめ直す必要があるからだ」

ドライバーたちとの”透明”な関係

 アロンソはマクラーレンとの間で、夏までは他チームとの契約を結ばないことに同意していると言われている。しかしルノーは、現在のラインアップを評価するまで、もう少し時間をかけたいという。

 今季からチームに加入したニコ・ヒュルケンベルグは長期契約になっており、すでに印象的な結果を残している。一方のジョリオン・パーマーは、バーレーンGPで初のQ3進出を果たした。

「今のラインアップに対して、フェアに対応する必要がある。我々のふたりのドライバーが、どのような成果を発揮しているのか、正確に知らなければならない」

「正直に申し上げて、今季はまだレース数がとても少ない。だから、特定のドライバーについて何かを言いたくはない」

「潜在的な期待と、チームやクルマのパッケージの可能性について、ドライバーとの間で共有することが非常に重要だと考えている。なぜなら、現状に不満を訴えるドライバーを迎えることに意味はないからだ」

「ニコとは、長期的な計画に変更した。そして我々はどこに行こうとしているのか、理解し合っているし、今年の状況がどうなるかということについて、分かりやすくなっている。しかし彼は、我々がもっと良い状況になるべく、何年も前から働いていることも理解しているんだ」

「とはいえニコには素晴らしい能力があり、彼のキャリアの中のある時点で自分自信を見直すことができる。それは考慮すべきことだ」

【関連ニュース】

【F1】アロンソ、”ホンダパワー”の不足を無線で訴える

【インディカー】アロンソのインディ500挑戦、1回限りではない可能性

【インディ500】モントーヤ「アロンソとの再会を心待ちにしている」

【MotoGP】ロッシとマルケス、アロンソのインディ挑戦に興味津々

【インディ】マリオ・アンドレッティ「アロンソ批判」の報道に猛反論

次の F1 ニュース
【F1】ウェーレイン「またROCに参加したい。3輪車は勘弁!」

前の記事

【F1】ウェーレイン「またROCに参加したい。3輪車は勘弁!」

次の記事

【F1】ストラテジーグループ、PU性能均衡のためホンダ救済を計画?

【F1】ストラテジーグループ、PU性能均衡のためホンダ救済を計画?
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース