【F1】ルノー「ERSのトラブルは、ここに来て”拡大”した」

ルノーは、2回目のF1合同テストで、パワーユニットの問題が”拡大”していることを明かした。

 ルノーは今季、パワーユニットの抜本的な見直しを行ない、メルセデスやフェラーリと同等のパフォーマンスを発揮することを期待していた。しかし、先週行われた1回目、そして現在行われている2回目のF1合同テストで、トラブルが多発している。

 ルノーのワークスチーム、そしてそのパワーユニットのカスタマーチームであるレッドブルとトロロッソのマシンに問題が発生。特にルノーのジョリオン・パーマーは、午前中にパワーユニットを交換したことで、火曜日の走行時間を失った。

 水曜日にはレッドブルのマックス・フェルスタッペンにMGU-Kの問題が2件発生し、木曜日には再びパーマーのマシンにエネルギー回生システムのトラブルが起きた。

 ルノーのエンジン担当テクニカルディレクターであるレミ・タファンは、次のように語る。

「我々は2017年シーズンに、全く新しいパワーユニットを投入する。そのため、ERSの求めるところにより、走行距離の制限がある」

「我々はテストベンチでも同じような問題を確認していたが、コース上でこれが拡大してしまった」

「すでに修正に向けた作業が進行しており、我々はメルボルンまでにそれを達成できることを期待している。そして適切なレベルの信頼性を確保してシーズンスタートを迎えたい。ただ、バルセロナでの我々の走行には影響を与えている」

 ルノーF1チームの、このオフの走行距離は、全10チーム中3番目に低い509周にとどまっている。パワーユニットのメーカー別で見ても、ルノー製PUは1274周。これに対してメルセデスは2314周、フェラーリは2171周と、大きく差をつけられている。

 パーマーは「意味のあるデータを収集したり、問題の発生を管理するのは、それほど簡単なことではない」と語る。

「僕らは常に問題を改善しようと取り組んでいる。しかし、大きな修正はヴィリーのファクトリーで行われており、そしてメルボルンではもっとうまく対処できていると思う」

トラブルに見舞われ続けているパーマー

 テスト3日目の午後は、ニコ・ヒュルケンベルグがパーマーからマシンを引き継ぐ予定になっていた。しかしパーマーに有意義な走行時間を与えようと、走行計画が変更されパーマーが走行を行っていた。

 テスト最終日も、ヒュルケンベルグが1日走行を担当することになっていたが、午後はパーマーがステアリングを握ることになっている。パーマーは今回のテストで相次いでトラブルに見舞われており、テスト前半2日間でヒュルケンベルグが119周走行したのに対して、パーマーは44周止まり。3日目は53周走行したものの、マシンがストップしてしまっている。

 テスト最終日、シャシーの作業に取り組むためにパワーユニットの出力を下げた状態でテストを行うかどうか聞かれたパーマーは「パワーユニットの出力は関係ない」と答えた。

「シャシーサイドのセットアップに取り組むためには、まとまった量の周回が必要だ」

「パワーユニットのパフォーマンスについては、僕たちは改善できると信じている。だから、パワーユニットの出力を上げた状態で、マシンのパフォーマンスを知るのが重要なんだ」

「周回をすることができて、セットアップに取り組むことができるように願っている」

【関連ニュース】

【F1】レッドブル、新車RB13に自信。「本命メルセデスに挑戦できる」

【F1】フェルスタッペン「ルノーのトラブルは”処理済み”」と断言

【F1】パーマー、ルノーの大きな進歩に自信。「思った通りに操れる」

【F1】テスト好調のルノー。パーマー「トップ8入りは嬉しい驚き」

【F1】ルノー製PUにトラブル? トロロッソのシェイクダウン中止

【2017年F1ニューマシン技術解説】ルノーR.S. 17

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ジョリオン パーマー
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース