【F1】ルノー「PUはすでにフェラーリ並。2018年にはトップに」

ルノーのチーフテクニカルオフィサーであるボブ・ベルによれば、ルノー製PUは、昨年すでにフェラーリ並みのパワーだったという。

 ルノーのチーフテクニカルオフィサーであるボブ・ベルは、昨年のルノーパワーユニットはすでにフェラーリのモノにかなり近い性能が出ており、2018年シーズンまでにメルセデスに追いつきたいと考えているようだ。

 2015年のルノー製パワーユニットは信頼性と性能不足に苦しみ、メルセデスやフェラーリから大きく差をつけられ、3番目のPUマニュファクチャラーとなっていた。

 しかし、内部構造を変更するなど、オフシーズンの間にパワーユニットの方向性を新たにし、シーズン中の開発が成功した結果風向きが変わった。

 タグ・ホイヤーのバッジをつけたルノーのパワーユニットで戦っているレッドブルが、フェラーリを逆転しコンストラクターズランキングで2位になったのだ。

 パワーユニット間の序列について、昨年ルノーはどこに位置しているかと問われたベルは、motorsport.comに次のように語った。

「間違いなく、メルセデスにはまだ追いついていない。フェラーリに近いところにはいただろう。わずかに彼らの後ろだったかもしれないが、大きく離されてはいなかった」

「ルノーは、メルセデスとの差を縮めている。昨年のレッドブルのパフォーマンスだけを見れば、多くの場面でメルセデスと戦うことができていた」

「彼らのシャーシがとても良く出来ていただけでなく、我々のパワーユニットも大きく進化した。そうでなければ説明がつかない」

 ルノーが新シーズンの開幕を前に、このオフシーズンでさらに前進することをベルは願っているが、2018年まではメルセデスとのギャップを完全には埋めることができないかもしれないと認めた。

「我々はギャップを縮めなければならないが、冬の間にお互い進歩するだろう」と彼は語った。

「完全にギャップを埋めることができるかどうか、口にすることはできない。それができるかどうか知る方法はないのだから」

「時間があれば、我々はできると信じている。この冬にはできなくても、今シーズン末、そして2018年シーズンには彼らに追いつかなくてはならない」

 ベルはまた、つらいシーズンとなった2015年からの躍進を遂げた、ルノーのパワーユニット部門を称賛した。

「彼らが達成したことはとても印象的だ。彼らは信頼性の面で磐石なパワーユニットを作り上げることを目標に設定し、それを成し遂げたのだから」

「ルノーのパワーユニットは、おそらくグリッド上で最も信頼性の高いモノであり、それは彼らにとって大きな功績だ。さらに彼らは、パワーユニットのパフォーマンスをかなり追求している」

「パワーユニットは大きな進歩を遂げた。素晴らしいのは、彼らはアップグレードについて有言実行していることだ。それほど簡単なことではない」

【関連ニュース】

【F1】ルノー代表「今季のPUはメルセデスに匹敵する」と自信

【F1】ルノー離脱のバスール「首脳陣との意見の相違が辞任の理由」

【F1】ルノー「パワーユニット一新は、タイトルを獲得するための選択」

【F1】BP/カストロールと契約したルノー「今年オイルが違いを生む」

【F1】ルノー新型PU、日産との技術提携で第2世代ERSが搭載予定

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース
タグ bob bell