【F1】ルノーPUチーフ「2017年PUは、昨年とは95%違っている」

ルノーのパワーユニットチーフは、2017年ルノーのパワーユニットが、昨年のパワーユニットとは95%違ったものであると明らかにした。

 ルノーのパワーユニットチーフであるレミ・タフィンは、2017年のルノーF1パワーユニットが、昨年のパワーユニットとは95%違ったものであると明らかにした。

 ルノーの最高技術責任者であるボブ・ベルは、昨年ルノーのパワーユニットは進歩を遂げ、フェラーリのパフォーマンスに相当するものだったと語っている。そして新しいシーズンに先立ち、ルノーはこれまでとは全く新しいコンセプトを導入した。第2世代のエネルギー回生システムだけでなく、内燃機関も新しい構造へ刷新したのである。

 ルノー2017年型マシン発表会で、タフィンは次のように語った。

「エンジンは95%別のものになった」

「我々は、パワーユニット改善の必要性を感じていたので、パワーユニットの全ての部門において注力した」

リスクと対価

 またタフィンは、今回の劇的な変化はリスクをもたらすことを認めたが、それ以前にルノーはパワーユニットのコンセプトに限界を感じていたため、最終的に言えばこれ以外に選択肢がなかったという。

「この新型パワーユニットのベースは、今後3年間で我々がやろうとしているものに基づいている」とタフィンは語った。

「これまでの完成したパワーユニットは全てがかみ合っていたため、何かを変更するということは間違いなくリスクにあたる」

「何かを変更した場合、波及効果が生じる可能性があるため、注意を払わなくてはならない」

「誰もが『昨年は良い年だった。信頼性において高い実績を上げたのに、なぜ変更したんだ?』と口々に言う」

「そもそもこの変更は15ヵ月前から計画されていた。その計画で我々はもう一歩先に踏み出さなくてはいけないことを理解していたのだ」

「昨年を振り返り、我々が持っているコンセプトが限界に達したと感じた時は先に進むのだ」

”より自由に”

 2017年、F1のトークンシステムは、一極集中となった勢力図を一変させる一環として廃止された。

 タフィンは、その廃止によってエンジニアにはより”多くの自由”が与えられたが、ルノーはトークンシステムが存続していたとしても、まだやれることがあったと考えている。

「我々は(トークンシステム存続していたとしても、新しいコンセプトを導入することは)可能だったと考えている。違いは、トークンを数えるかどうかという点だけだったからだ」

 そうタフィンは語る。

「トークンシステムの下では、『もしこの部品を改良すれば、同様にこの部品も変更することができるし、次のパッケージにも移植することができる』というような思考になる」

「今は、残りのトークン数を数えることから解き放たれるだけだ」

メルセデスとのギャップを埋める

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビデブールは、新たなパワーユニットを搭載したことで、ルノーは1周回につき、0.3秒に相当するパフォーマンス向上が図られたという。

 彼は、シーズン終盤にはメルセデスとのギャップを縮められると期待を寄せた。

「昨年の段階では、今季の後半で(メルセデスとの)ギャップを50%減することを目標においていた」

「我々にはそれを達成する良いチャンスがある」

「シーズンの終わりまでにギャップを埋めるように努力しているが、それはあくまで計画のうちだ。他のチームが何をしているのか、我々にはわからない」

【関連ニュース】

【F1】ギャラリー:ルノーR.S.17全ディテール

【F1】ルノー、2017年の目標は”ランキング5位”

【F1】ルノー2017年型マシンR.S.17を公開「F1は我々のDNA」

【F1】ルノー「PUはすでにフェラーリ並。2018年にはトップに」

【F1】ルノー代表「今季のPUはメルセデスに匹敵する」と自信

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 Renault Sport F1 Team RS17 launch
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース