【F1】レッドブル「グリッド位置の規則を明確化すべき」

ベッテルは中国GPのスタート時にグリッド位置をずらしたとして審議対象となったが、レッドブルのホーナー代表は、規則の明確化を主張する。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは中国GPで、滑りやすい白線を避けるため、グリッドの左にマシンをずらして停め、そこからレースをスタートしていった。

 この停止位置は、スチュワードによって審議の対象となったが、結局ペナルティが科されることはなかった。

 F1のスポーティングレギュレーションでは、ドライバーはグリッドボックスの白線内に正確にマシンを停めなければならないとまでは規定されていない。レギュレーションで言及されているのは、「それぞれのグリッドポジションに停止しなければならない」ということだけである。

 例えば昨年の日本GPでレッドブルのダニエル・リカルドは、所定のグリッドポジションが濡れていたため、FIAの許可を受け、グリッドボックスから少し外れた位置からスタートしている。ルイス・ハミルトンも同様の申請をしたものの、これについては却下されたため、当時は議論の対象となった。

 しかしレッドブルのクリスチャン・ホーナーは、何が許されて何が許されていないのか、FIAはより明確にすべきだと主張している。

「彼がコースのより乾燥した部分に向かって何をしようとしていたか、それは明らかだ。そしてそれは理解できる」

 ホーナーはベッテルのグリッドポジションについてそう語った。

「しかし、ドライバーがグリッドからスタートする必要があるかどうかを明確にすることは、良いことだと思う。それは”ライン”なのか、それとも”ボックス”からスタートしなければならないのか……」

「去年の日本GPで起きた議論を、私は覚えている。彼(リカルド)はそれから利益を得ていないが、明確にするのは良いことだろうと思う」

【関連ニュース】

【F1】ハミルトン「ベッテルを他のどんなドライバーより尊敬している」

【F1】フェラーリ会長「”ライコネンの件”は即座に話し合うべき」

【F1】ベッテル「セーフティカーで僕のバトルの流れが変わった」

【F1】アロンソ「中国GPは開幕戦より”信じられない”レースだった」

【F1】ホンダ長谷川氏「ポイントを獲れるポテンシャルはあった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 中国GP
サーキット 上海国際サーキット
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ , レッドブル
記事タイプ 速報ニュース