【F1】レッドブル「ルノーPU次第で、メルセデスに挑戦できる」

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、ルノーのパワーユニットが改善を果たせれば、レッドブルはメルセデスに挑戦できると語った。

 レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2017年シーズンを前に新車に自信を持っており、ルノー製のパワーユニットの出来次第でメルセデスに挑戦できると考えているようだ。

 2017年に導入されるレギュレーションで、F1マシンのダウンフォースは大幅に増加するが、同時に空気抵抗も増えることになる。そのため、パワーユニットの重要度は増し、その性能差が大きな”違い”として現れてくると予想されている。

 ホーナーはルノーが大きな前進を果たすことを期待しており、次のように語っている。

「今年は、パワーユニットが一新される。彼ら(ルノー)は”哲学”を変えたのだ」

「我々はルノーパワーユニットがパフォーマンスの面で前進していることを期待している。もしそれが実現すれば、我々は今年本当にタイトルに挑戦できるチームとなり、メルセデスやフェラーリを苦労させられるかもしれない」

「確かにメルセデスは、3年連続チャンピオンのチームだし倒さなければならないチームだ。彼らは目標をかなり高く設定している。我々もそうだ」

「うまくいけば、我々は本当の”チャレンジャー”になれる。チームのドライバーラインアップは素晴らしいと思うし、チーム内もとても安定している。今シーズンの開幕を前に我々は興奮している」

 レッドブルはこのオフシーズンの間に、新しいレギュレーションに対してうまく対処することができ、素晴らしい進歩を遂げたとホーナーは語った。

「オフシーズンの間は常に、プレッシャーと要求の板挟みになる」

「我々は白鳥のようなもので、表面的には平気な顔をして、水面下では激しくジタバタしている。しかし、プレシーズンは毎回そういう感じだ。その甲斐あって、我々は概ね目標を達成できた」

「新車のRB13は、我々が設計し製造してきたマシンの中で、最もよく出来たマシンの中のひとつだと私は思う。なぜなら、新しいレギュレーション下でマシンの幾何学的配置や比率は適切だと思える。それには意味があるように見えるし、速そうにも見える。古い格言にもあるように、正しく見える場合、それはうまく行っている傾向にあることが多い。このマシンは間違いなく正しいモノに見える」

 ホーナーは、来週バルセロナで行われるテストでの新マシン初走行を前に、チームがいつものように緊張していることを認めた。

「ガレージからマシンをピットレーンに送り出し、初めてマシンが走行に向かう瞬間はいつも不安になる」と彼は語った。

「最初に見たいのは、マシンがラップを終えてピットに帰ってくることだ! マシンがピットに入ってくるのを見るのは、興奮する瞬間だ」

「そしてもちろんテストでは、人々は誰がどんなタイムを記録したか、燃料搭載量はどれくらいか、誰がレースシミュレーションをしたかなどに注目する。しかし、実際はそれらはすべて無関係だ」

「自分たちのプログラムに集中し、他を見ないでプログラムをこなす。そしてチェックをしたい開発パーツを試すんだ」

「とにかく、(開幕戦の)メルボルンに着くまでに大きく変化しているだろう。テストを取り巻く喧騒や緊張感を見るのは面白いが、ここ数年の冬は自分たちのプログラムだけに集中することで、とても良い状態で開幕戦を迎えられている」

【関連ニュース】

【F1】ニューウェイ「レッドブルは順調。あとはルノーPU次第」

【F1】ルノー「PUはすでにフェラーリ並。2018年にはトップに」 

【F1】ルノー代表「今季のPUはメルセデスに匹敵する」と自信

【F1】ルノー「パワーユニット一新は、タイトルを獲得するための選択」

【F1】ルノー新型PU、日産との技術提携で第2世代ERSが搭載予定

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース
タグ christian horner