【F1】レッドブル、2021年以降のエンジンの方向性次第で撤退を示唆

レッドブルは自由にエンジン供給先を選択できるというルールを今年中に採用すると決定されなければ、F1を撤退する可能性があると示唆した。

 レッドブルのモータースポーツコンサルタントのヘルムート・マルコは、2021年以降のF1エンジンのルールの方向性に対し、チームが自由にエンジンサプライヤーを採用するというルールを提案しており、それが今年中に採用されなかった場合、レッドブルはF1から撤退する可能性があることを示唆した。

 先月、FIAと複数の自動車メーカーによって、2021年以降のF1エンジンのルールの方向性について議論された。その会合では現行のターボ&ハイブリッドシステムを備えた”パワーユニット”は廃止される方向にあり、2021年以降はよりシンプルで、開発費用の安いエンジンになることが大筋合意されたようだ。

 しかし、F1公式ウェブサイトでのインタビューで、マルコは自由にエンジン供給先を選択できるというルールを今年中に採用すると決定されなければ、F1はレッドブルを失うことになると語った。

 レッドブルは現在2つのF1チーム(レッドブル・レーシングとトロロッソ)を経営しており、どちらもエンジンサプライヤーであるルノーのカスタマーユーザーである。

「2021年以降のF1エンジンは、チームごとに独立したエンジンサプライヤーを採用できるようにすべきだ」とマルコは語った。

「これが我々が最も強く訴求したいことであり、エンジンもシンプルでノイジーなものが良い。コスト面でも1000万ユーロ(約11.7億円)以下に抑えられるべきだ」

「現在のエンジンよりもシンプルなものを我々は望んでいるのだ。そういったエンジンを扱う企業は他にも多くある」

「遅くとも今季末には、リバティ・メディアとFIAが共にその解決策を見つけ出せていることに期待している」

「そうでなければ、我々は参戦を継続しない可能性もある」

 2020年までのF1参戦契約を交わしているレッドブルは、ルノーとファクトリー契約を締結してきた。しかし、ルノーの初期ハイブリッド式エンジンは信頼性が低かったため、ルノーとレッドブルの関係は悪化した。その後、ルノーはロータスを買収する形でワークス活動を復活。レッドブルはルノー製パワーユニットのバッヂを変更できる契約(現在はタグ・ホイヤー)に移行させ、現在に至っている。

 また、マルシャ(後のマノー)が2013年末にエンジンをコスワースからフェラーリに変更して以降は、F1エンジン(パワーユニット)の供給は、大規模な自動車メーカー(メルセデス、フェラーリ、ルノー、ホンダ)によって占められている。

【関連ニュース】

【F1】ウルフ「F1新エンジンへの議論は、正しい方向に進んでいる」

【F1】安価でシンプルなエンジンへ。”パワーユニット”廃止で大筋合意

【F1】マクラーレン、”自社製F1エンジン”搭載の可能性を否定

【F1】FIA会長「分配金構造を変えれば、新チームの参加を期待できる」

【F1】将来のF1エンジンに関する協議開始。FIA会長「よりシンプルに」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース