【F1】ロシアGP決勝:ベッテルの猛追及ばず、ボッタスがF1初優勝!

F1第4戦ロシアGPの決勝が行われ、スタートで先頭に出たメルセデスのバルテリ・ボッタスが自身初優勝を果たした。

 4月30日(日)、F1第4戦ロシアGPの決勝がソチ・オートドロームで行われ、スタートで前に出たメルセデスのバルテリ・ボッタスが、終盤セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の猛烈な追い上げを退け、F1での初優勝を果たした。

 気温25度、路面温度40度。スッキリと晴れた素晴らしい天気の中、フロントロウにマシンを並べたフェラーリのセバスチャン・ベッテル、キミ・ライコネンを先頭に、各車がフォーメーションラップに向かった。

 スタートは、ザウバーのマーカス・エリクソンとパスカル・ウェーレイン、マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンがスーパーソフトタイヤを選択した以外は、ウルトラソフトタイヤでのスタートとなった。

アロンソ、スタートすら出来ず

 フォーメーションラップ中にマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが、エネルギー回生システムに不調を伝え、ピットレーン入り口でマシンを止めてしまった。

 これにより、スタートは中断。各車、エクストラフォーメーションラップに入り、決勝は52周に減算された。

 仕切り直しとなったスタートで、素晴らしいスタートを決めたのはメルセデスのバルテリ・ボッタス。”実質のターン1”となるターン2までに、一気にベッテル、ライコネンを交わしトップに浮上した。

 後方では、ルノーのジョリオン・パーマーとハースのロマン・グロージャンがクラッシュ。これによりセーフティカーが出動した。この間に、バンドーンとエリクソンはピットインし、スーパーソフトからウルトラソフトタイヤにスイッチした。

ボッタス、トップ快走

 レースは4周目から再開した。ボッタスは、ペースを上げてベッテルとのギャップを一気に開きにかかった。レッドブルのダニエル・リカルドは、右のリヤブレーキから白煙を上げながら、スロー走行でピットへ向かいリタイアとなった。

 6周目にDRSが使用可能になる頃には、トップ4は約2秒間隔での走行となった。8周目、ハミルトンはマシンのパワーに関して違和感を感じているようで、チームに『何かがおかしい』と無線で伝えた。

 10周目に入っても、ボッタスは最速ペース。20周目までにベッテルに対するギャップを5秒以上まで開いた。

 22周目、最初にルーティーンのピットを行ったのはウェーレイン。ウルトラソフトタイヤを装着してピットアウトした。続いてマッサ、ケビン・マグヌッセン(ハース)、ダニール・クビアト(トロロッソ)が続々とピットインしタイヤを履き替えた。

 ベッテル、ライコネンは23周目を超えるとペースアップ。ピットストップに向けてタイヤを酷使し、ベッテルは27周目までにボッタスとのギャップを2.5秒まで削った。

 27周終了時点で、先にボッタスがピットイン。2.5秒の作業でスーパーソフトタイヤを装着し、ピットアウトした。

 30周目、ライコネンがピットイン。ベッテルがウイリアムズのランス・ストロールに詰まる一方で、新品タイヤを装着したボッタスは最速のペースで周回した。

 ハミルトンはライコネンの翌周にピットインしたが、ベッテルはペース自体がボッタスよりも良いこともあり、ステイアウト。35周目までウルトラソフトタイヤでの走行を引っ張り、ボッタスの4.7秒後ろの2番手でコースに復帰した。

ベッテル、猛追

 ボッタスよりも7周新しいスーパーソフトタイヤで、ベッテルは追い上げを開始。ボッタスがブレーキをロックさせる場面もあり、1周につき0.8秒ほどずつギャップを詰めていった。

 41周目までピットインせずにウルトラソフトタイヤを引っ張り、6番手を走行していたルノーのニコ・ヒュルケンベルグがピットイン。9番手でコースに復帰した。マッサは、タイヤに苦しんだか2回目のピットに向かい、ヒュルケンベルグが8番手に浮上した。

 42周目、ベッテルがボッタスとの差を1.1秒まで縮めるが、ボッタスも負けじとペースを上げ1.5秒差まで突き放す。ベッテルはなかなかボッタスの尻尾を捕まえ切れないが、残り4周で全体最速のタイムを記録するなど、決してその手を緩めない。

 残り2周となり、ついにベッテルはボッタスの後ろでDRSを開くが、届かず。ファイナルラップに入るホームストレートでは、ボッタスも周回遅れのマッサの後ろにつき、DRSを使った。

 ベッテルの猛烈な追い上げを退け、ボッタスがトップチェッカー。スタートで”跳ね馬”の2台を一気に飛び越えたボッタスが、F1での初優勝を果たした。

 ベッテルは、わずか0.617秒届かず2位。ポールポジションからスタートし、今季3勝目が目前まで迫っていただけに、悔しい結果となった。

 3位はライコネン。トップ2には11秒置いて行かれたが、今季初表彰台に上がった。

 4位ハミルトンは、終始タイヤの管理に苦しみ、トップから36秒差。ただ、メルセデスは優勝と4位を獲得し、コンストラクターズランキングでフェラーリを逆転した。

 5位はレッドブルのマックス・フェルスタッペン。残念ながら、優勝争いからは蚊帳の外状態だった。

 6位以下、フォースインディアのセルジオ・ペレスとエステバン・オコン、ヒュルケンベルグ、マッサ、サインツJr.というトップ10。

 マクラーレン・ホンダは、アロンソがスタートすら出来ずにリタイアした一方、ストフェル・バンドーンが14位で完走している。

【関連ニュース】

【F1】アロンソ、レースをスタートすることができず「悲しい」

【F1】ロシアGP予選:接戦制しベッテルPP。フェラーリ久々1−2

【F1】ボッタス「メルセデスが予選で負けるなんて思いもよらなかった」

【F1】今季初PPのベッテル「うまくやれると思っていたけど……」

【F1】ホンダ、ザウバーへのPU供給を正式発表。2018年から

F1 2017 ロシアGP 決勝結果

Cla #ドライバーChassisエンジンLaps時間ギャップインターバルkm/hピットリタイアポイント
1   77 finland バルテリ ボッタス  Mercedes Mercedes 52 1:28'08.743     206.859 1   25
2   5 germany セバスチャン ベッテル  Ferrari Ferrari 52 1:28'09.360 0.617 0.617 206.835 1   18
3   7 finland キミ ライコネン  Ferrari Ferrari 52 1:28'19.743 11.000 10.383 206.430 1   15
4   44 united_kingdom ルイス ハミルトン  Mercedes Mercedes 52 1:28'45.063 36.320 25.320 205.449 1   12
5   33 netherlands マックス フェルスタッペン Red Bull TAG 52 1:29'09.159 1'00.416 24.096 204.523 1   10
6   11 mexico セルジオ ペレス  Force India Mercedes 52 1:29'35.531 1'26.788 26.372 203.520 1   8
7   31 france エステバン オコン  Force India Mercedes 52 1:29'43.747 1'35.004 8.216 203.209 1   6
8   27 germany ニコ ヒュルケンベルグ  Renault Renault 52 1:29'44.931 1'36.188 1.184 203.164 1   4
9   19 brazil フェリペ マッサ  Williams Mercedes 51 1:28'11.177 1 lap 1 lap 202.785 2   2
10   55 spain カルロス サインツ Jr.  Toro Rosso Renault 51 1:28'24.363 1 lap 13.186 202.281 1   1
11   18 canada ランス ストロール  Williams Mercedes 51 1:28'29.998 1 lap 5.635 202.067 1    
12   26 russia ダニール クビアト  Toro Rosso Renault 51 1:28'34.018 1 lap 4.020 201.914 1    
13   20 denmark ケビン マグヌッセン  Haas Ferrari 51 1:28'53.196 1 lap 19.178 201.188 1    
14   2 belgium ストフェル バンドーン  McLaren Honda 51 1:29'21.066 1 lap 27.870 200.142 2    
15   9 sweden マーカス エリクソン  Sauber Ferrari 51 1:29'23.739 1 lap 2.673 200.042 2    
16   94 germany パスカル ウェーレイン  Sauber Ferrari 50 1:28'13.753 2 laps 1 lap 198.710 2    
  dnf 3 australia ダニエル リカルド  Red Bull TAG 5 11'23.420 47 laps 45 laps 152.977 1 Brakes  
  dnf 30 united_kingdom ジョリオン パーマー  Renault Renault 0           Collision  
  dnf 8 france ロマン グロージャン  Haas Ferrari 0           Collision  
  dns 14 spain フェルナンド アロンソ  McLaren Honda 0           Power Unit  
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ロシアGP
サーキット ソチ・アウトドローモ
記事タイプ 速報ニュース