【F1】ロズベルグ「『引退する』と言う”勇気”があるとは思えなかった」

ニコ・ロズベルグは、Autosport Awardsで、インターナショナル・ドライバー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

 2016年のチャンピオンに輝いたニコ・ロズベルグは、Autosport Awardsでインターナショナル・ドライバー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。この賞のプレザンターを務めたのは、1996年のF1ワールドチャンピオンであるデイモン・ヒル。ヒルも父子揃ってのチャンピオン獲得者であり、今年ロズベルグがタイトルを獲得するまでは、父子チャンピオン唯一の例だった。

 日曜日に行われた授賞式の2日前に、今季限りでの引退を発表したロズベルグは、受賞の挨拶で次のように語った。

「まず最初に皆さんにお伝えしたいのは、僕がここに来たのは、15年前が初めてだったということだ。今年一番名誉ある夜だ。皆さんの前で階段を降りた時、信じられない気分だった。こんな事になるなんて、信じられない」

「簡単ではなかったし、そんなことができるなんて思ってもいなかった。しかし、僕は今ここにいる」

 ロズベルグは今季9勝を挙げ、通算での勝利数を23に延ばした。そして、通算30ポールポジションという輝かしい成績を残して、今季限りで引退する。

「一番上に立つのは、素晴らしい気分だ。F1での11年間は、信じられないものだった。そして今年は間違いなく、僕にとって最高の1年だった」

「アブダビの後、引退することについてはまだ考えていたんだ。そして、僕は『もしそれができるなら、僕は辞める』と言ったんだ。正直に言って、それをする勇気があるとは思えなかった」

 そうロズベルグは語った。

 一方、ロズベルグのチームメイトであるルイス・ハミルトンは、10勝を挙げたにもかかわらず、4度目のタイトル獲得を逃した。彼はイギリス・コンペティション・ドライバー賞を受賞したが、この式典には欠席。彼の弟であるニコラスが、代役として登壇した。

 また、ロズベルグとハミルトンが駆ったメルセデスのF1マシン”W07”はレーシングカー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。チームのエンジニアリング・ディレクターであるアルド・コスタは「今季は実に圧倒的なシーズンだった」と語った。

「(ライバルチームとの)差は2年前ほど大きくはなかったが、我々はずっと一貫していた」

 またチームのエクゼクティブ・ディレクターであるパディ・ロウも、ジョン・ボルスター賞を受賞している。

【関連ニュース】

ウルフ、ハミルトンのチームメイトに「ビッグネームは不要」

"ロズベルグの代わり"を探すラウダ、「若いドライバーはリスク」

ハミルトン「チームメイトとは”平等”な立場でいることを望む」

”親友”ハミルトンに引退を伝えていたロズベルグ「今夜はルイスと語り合えるかも」

引退発表のロズベルグ「鈴鹿で勝った後、引退を意識し始めた」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン , ニコ ロズベルグ , パスカル ウェーレイン
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース