F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
54 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
61 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
75 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
89 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
103 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
110 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
124 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
138 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
145 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
159 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
166 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
180 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
194 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
222 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
229 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
243 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
250 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
264 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
278 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
285 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
299 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
313 days

【F1】ロン・デニス、マクラーレンに残るために法的措置との報道

シェア
コメント
【F1】ロン・デニス、マクラーレンに残るために法的措置との報道
執筆:
2016/11/11 22:37

マクラーレンのロン・デニスは、退職に追いやろうとするチームに対して法的措置を取ったが失敗したようだ。

Ron Dennis, McLaren Executive Chairman on the grid
Jenson Button, McLaren MP4-31
Jenson Button, McLaren MP4-31

 先月マクラーレンチームのCEOであるロン・デニスに、マクラーレン・グループの取締役会が契約を更新しないと伝えていたことが明らかになったが、デニスはチームに留まるために戦っている。

 デニスは辞任の意思がないことを表明しており、チームの株式取得を防ぎ、彼のチームでの将来を確実にするための財政支援を探す努力をしていた。

 しかしながら金曜日のスカイ・ニュースの報道によると、デニスは今週の木曜から金曜日にかけてロンドンの高等裁判所に、契約が切れるまで彼にガーデニング休暇を取らせることを防ぐ、差し止め命令を求めたという。

 彼の努力は失敗に終わり、金曜日の夜にマクラーレンの緊急取締役会が開かれ、デニスのCEOとしての職が即時停止にされたと予想されるとスカイは報道した。

 マクラーレンはこの報道に対して「ノーコメント」を貫いており、裁判所の判決を確認する公式の書類はないようだ。

【関連ニュース】

ロン・デニス、バトンは「引退ではない」2018年のカムバックを示唆

ロン・デニス、バンドーンに期待「しばらくチームにいてもらう」

ロン・デニスの”引退”の噂。マクラーレンはこれを否定

次の記事
【F1ブラジルGP】審議対象だったライコネンとサインツJr.。いずれのドライバーにもお咎め無し

前の記事

【F1ブラジルGP】審議対象だったライコネンとサインツJr.。いずれのドライバーにもお咎め無し

次の記事

【F1】パーマー、ルノー離脱のマグヌッセンについて「選択を間違えた」と発言

【F1】パーマー、ルノー離脱のマグヌッセンについて「選択を間違えた」と発言
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble