F1
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .

【F1】ロン・デニス、株式売却の”担保”に13台の歴史的マシンを指定!?

シェア
コメント
【F1】ロン・デニス、株式売却の”担保”に13台の歴史的マシンを指定!?
執筆:
2017/07/28 7:09

ロン・デニスは、所有していたマクラーレンの株式の対価が支払われなかった場合、マクラーレンの歴史的なマシンたちを手にすることができたようだ。

Ron Dennis, McLaren Executive Chairman on the grid
Ron Dennis, McLaren Executive Chairman with Tetsuya Shoji, Chief Executive Officer and President of NTT Communications Corporation
Ron Dennis, McLaren Executive Chairman on the grid with Tim Peake, Astronaut (Centre) on the grid
Ron Dennis McLaren F1 cars agreement
Dennis McLaren Lamborghini test car agreement

 ロン・デニスが所有していたマクラーレンの株式を売却する際、チームの歴史的なマシン13台がその担保になっていたようだ。

 公式文書によれば、デニスは株式売却によって、3750万ポンド(約54億3500万円)を受け取ることを残りの株主たちと6月7日に合意している。そしてマクラーレンのF1マシン13台が、この支払の担保となっていたというのだ。

 マクラーレンのマシンが取引に含まれているということは、交渉がどのように展開されたか、非常に興味深い。しかし実際には、支払いが間に合わないということはないだろう。

 マクラーレンのエグゼクティブディレクターのザク・ブラウンは、イギリスGPの際にデニスの株を買い取るために必要な資金が調達され、”すべてが完了した”と認めた。

 担保となっていた13台のマシンは、マクラーレンのコレクションの中でも大切なもので、それぞれが大変有名なモデルだ。

 最古のものはMP4-1。デニスのプロジェクト4がマクラーレンと合併し、1981年のシーズンに向けて作られた、最初のカーボンファイバー製マシンだ。

 実際に「世界選手権を勝ったマシン」として、ニキ・ラウダ(1984年)、アラン・プロスト(1989年)、アイルトン・セナ(1990、1991年)、ミカ・ハッキネン(1998、1999年)、ルイス・ハミルトン(2008年)のマシンもリストに含まれていた。

 さらに1985年、1986年と1988年のマシンもリスト入り。1988年のMP4/4-1は、チーム史上最も成功を収めたシーズンのマシンだ。

 そのほかに1993年のオーストラリアGP、セナ最後の勝利となったレースで使用したMP4/8、セナもブラジルでテストした、ランボルギーニのエンジンを搭載したテスト専用車、MP4/8Bも含まれている。

 このリストのうち、多くのマシンはマクラーレン・テクノロジー・センターに保管されているが、2台は、ウォーキングにあるマクラーレンの旧拠点に保管されている。現在MP4/8Bは、ランボルギーニのミュージアムに貸し出されているが、11月にはイギリスに戻ってくる予定だ。

 【関連ニュース】

メルセデス&フェラーリ、マクラーレンへのPU供給に興味なし?

アロンソ「マクラーレンはPUに関して、早めに決断を下すべき」

ロン・デニス、マクラーレンの株式売却に合意。37年の歴史に幕

ザウバー代表、ホンダとのパワーユニット供給契約の白紙化を説明

ホンダ、ザウバーへのパワーユニット供給契約の白紙化を発表

次の記事
【F1】トロロッソ代表、イギリスGP同士討ちは「両ドライバーが悪い!」

前の記事

【F1】トロロッソ代表、イギリスGP同士討ちは「両ドライバーが悪い!」

次の記事

【F1】FIA、”空力フェアリング”の搭載でハロの見た目は良くなると主張

【F1】FIA、”空力フェアリング”の搭載でハロの見た目は良くなると主張
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Adam Cooper