【F1】”不人気”のシャークフィン&Tウイング、2018年に廃止の動き

F1のレーシングディレクターであるホワイティングは、ファンから不人気なシャークフィンとTウイングが、2018年に禁止される可能性が高いと語った。

 F1のレーシングディレクターを務めるチャーリー・ホワイティングは、マシンの見た目を悪化させているシャークフィンとTウイングが、2018年に廃止される可能性が高いと考えているようだ。

 2017年のF1は大きなルール変更を迎えた。だがその結果として、リヤウイングに当たる気流を整える効果を持つシャークフィンが、意図せずして復活することになってしまった。

 さらに、いくつかのチームはTウイングを搭載した。このウイング自体はほとんどダウンフォースを生まないが、ディフューザーとリヤウイングの効率を高めることで、ダウンフォースを稼ぎ出すとみられている。このウイングも、レギュレーションの”空白”をついて生まれたデバイスだ。

 しかし、マシンの見た目の評判は良くない。ファンからもF1の関係者からもそういった声が聞こえてくるが、F1のスポーツ・マネジメントディレクターに就任したロス・ブラウンは特にこれらのデバイスに不満のようだ。

 ホワイティングは開幕戦オーストラリアGPに先立ち、彼個人としてはマシンの見た目は悪くないと思っていたものの、ファンの反応が悪いためルールを改定する可能性が高いと語った。

「私はそれらを禁止する機会が、来年訪れると思う。個人的にはそれに反対しているわけではないが、かなり多くの人々がそれを醜いと考えているようだから。いつでも禁止することは可能だが、チームの反応は良くないだろう」

Tウイングの”たわみ”テスト実施へ

 またホワイティングは、FIAはメルボルンでTウイングのたわみに関してテストを実施すると語った。

 バルセロナで行われたプレシーズンテストでは、Tウイングがコーナリング中に遠心力を受けて、たわんでいるところを写した写真が話題になったからだ。

 ハースのVF17もそういった写真が撮影されたマシンだが、チーム代表であるギュンター・シュタイナーは、Tウイングのデザイン変更はまだ行っていないと語った。

「いや、まだ変更を行っていない。たわんでいても機能はしているようだから」と彼は語った。

「我々はそれの分析を行っており、後で何かをすることがあるだろうが、ここ(オーストラリア)では何もしない」

【関連ニュース】

【F1分析】なぜF1にシャークフィンが蘇ったのか?

【F1】シャークフィンに嫌悪感抱くロス・ブラウン「最善策ではない」

【F1分析】メルセデス、シャークフィン”煙突”でマシンの小型化を実現?

【F1】バルセロナテスト:メルセデス、”ダブルTウイング”をテスト

【F1】マクラーレン「メルセデスは最も印象的。Tウイングは評価中」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース