【F1】中国系チームがF1参戦を狙う? 他にも数団体が興味とFIAが示唆

将来のF1参戦に向け、中国系チームが社名を変更したことが分かった。また、いくつかのチームがF1参戦に向け、FIAと接触しているようだ。

 新チームがF1に参戦するという噂は、数週間前から一部で取り沙汰されていた。その詳細は不明だったが、これまでブロンズ・フォーチュン・リミテッドという名称だったイギリスの会社が、チャイナF1レーシング・チーム・リミテッドと社名を変更したことが確認された。

 この会社は、ヨーロッパとアメリカのスポーツカーレースに出場した経験を持つ、マイケル・オーツによって運営されている。計画についてはほとんど知られておらず、オーツ氏は水曜日にコメントを発表することはなかった。

 また水曜日にスイスのジュネーブで行われたFIAスポーツ会議で、FIAのジャン・トッド会長は、いくつかの団体や個人が、将来のF1参入に向けてFIAと接触してきたことを認めている。

「いつでも噂はあり、我々はいくつかのチームからの興味を受けている」

 そうトッド会長は語った。その数についてトッド会長は明言を避けたものの、「多くはない」と説明している。

 F1の新規参入チームを対象とする入札を行うのは、FIAの責任である。そしてトッド会長は、真剣な候補者がいる場合のみ、その入札を行うだろうと述べた。

「必要だと感じた時、我々はそれを行うことができる」

 トッド会長はそう語った。

「現在は10チームしかおらず、最大で12チームが参戦することが可能だ。そのため、もしひとつかふたつの力強い新チームがあれば、それは可能だろう」

「我々はまず最初に、我々自身でそのリクエストを確認する必要がある。それはある種の監査を通じ、誰が”買い手”の可能性がある存在なのかを確認する」

「それが大手のメーカーならば簡単だ。しかしプライベーターであれば、より慎重になる必要がある。その後、本当にその意思があることを確かめることができれば、そして例えばハースのようにそれができると確信することができれば、入札の手続きを開始することになる」

 しかしトッド会長は、新チームが2018年に参入することは現実的ではないと断言した。

「いや、新チームが8カ月以内に準備できると考えるのは、愚かなことだ」

【関連ニュース】

FIA会長「分配金構造を変えれば、新チームの参加を期待できる」

ピレリ、ライバルメーカーのF1参入を”歓迎”「競争が好き」

ルノー、2018年に4チームへのPU供給も可能と自信

2018年の暫定開催カレンダー発表。フランスGP復活で3連戦も

ホンダ、ザウバーへのPU供給を正式発表。2018年から

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース