【F1】中国GP予選:ハミルトンPP獲得。マクラーレンはQ2敗退

2017年F1第2戦中国GP予選が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがポールポジションを記録した。

 日本時間4月8日16時、2017年F1第2戦中国GP予選が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがポールポジションを記録した。

 フリー走行3回目に引き続き、気温21度、路面温度32度のドライコンディションだった。

Q1:まさかのフェルスタッペン敗退

 Q1スタートを知らせるグリーンシグナルが点灯し、ザウバー勢とウイリアムズのランス・ストロールがコースイン。まずはストロールが1分35秒136をマークした。

 それに続き、フェラーリやメルセデス勢もコースイン。ほとんどのドライバーがスーパーソフトタイヤを選択したが、唯一フェラーリだけがソフトタイヤを投入した。

 ハースのロマン・グロージャンが最終コーナーでスピンを喫した。後にグロージャンは、その原因を「急にタイヤがパンクした」と明らかにした。その横を通過したハミルトンが、1分33秒333をマーク。しかし、それに続いたフェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分33秒078とトップタイムを更新した。キミ・ライコネン(フェラーリ)が3番手、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が4番手と続いた。

 遅れてコースインしたレッドブルのダニエル・リカルドは、1分34秒041で5番手。一方のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、マシンの不調を訴えてピットに戻った。

 その間、マクラーレンのフェルナンド・アロンソが渾身のアタックで1分34秒499を記録しトップ10圏内に入った。2度目のコースインをしたストロールは、5番手にジャンプアップ。フェルスタッペンも再びコースインするも、不調なマシンに苦戦し、15位圏内に入ることができなかった。

 チェッカーフラッグ直前、ザウバーのアントニオ・ジョビナッツィが最終コーナーで激しくクラッシュ。コーナー出口アウト側の縁石に引っかかり、フロントタイヤのコントロールを失ったジョビナッツィは、コースを横切ってコースアウト。その後、マシン右側をタイヤバリアに激しく衝突させた。

 マクラーレンのストフェル・バンドーンは16番手。セッション序盤でスピンしたグロージャンが17番手、ルノーのジョリオン・パーマーが18番手、19番手はマシンが不調のフェルスタッペンだ。最後尾はフォースインディアのエステバン・オコンだった。以上の5名はQ1脱落となった。クラッシュの前に15番手タイムを記録していたジョビナッツィはQ1を突破したものの、マシンが大破してしまったため、Q2に出走することはできず。

 また、ジョビナッツィのクラッシュによって、タイヤバリアの修復が行われたため、Q2スタートは10分遅れとなった。

Q2:渾身のアタックも、アロンソ13位

 タイヤバリヤが無事に修復され、Q2がスタート。まずコースインしたのはストロールだった。その後、スーパーソフトタイヤを履いたメルセデスとフェラーリ勢がコースイン。

 まずはライコネンが1分32秒602、ベッテルが1分32秒391で続く。ハミルトンは1分32秒406を記録するが、ベッテルに0.015秒及ばなかった。

 2チームとアタックのタイミングをずらしたリカルドが1分33秒546で5番手タイム。その後ウイリアムズのふたりが、0.2秒差でリカルドの後ろにつけた。

 各車は一度ピットに戻り、タイヤを履き替えて2度目のコースイン。Q3進出圏内であるフェラーリのふたりも、新品タイヤで2度目コースインをした。

 ルノーのニコ・ヒュルケンベルグがタイムアップで6番手タイム。ダニール・クビアト(トロロッソ)は8番手となった。

 ライコネンがさらにタイムを更新。1分32秒181でトップに浮上した。このタイムは、2004年にミハエル・シューマッハーが記録したラップレコードを更新するものだった。

 結局、トロロッソのカルロス・サインツJr.は、タイムを更新できず11番手でQ2敗退。ハースのケビン・マグヌッセンは12番手。アロンソも1回目のアタック時に11番手につけていたものの、ライバルたちがタイムを向上させたため13番手。Q2脱落となった。マーカス・エリクソン(ザウバー)は14番手、Q2で走行していないジョビナッツィが15番手となった。

Q3:熾烈なタイム争いの末、ハミルトンPP

 Q3スタートとともに、まずはメルセデス勢がコースインした。ハミルトンはテールを滑らせながらも、1分31秒902が記録し、Q2のライコネンのタイムを0.3秒上回った。ボッタスは1分32秒265で2番手。

 続いてコースインしたフェラーリ勢もタイムアタックを行った。まずはベッテルが、1分32秒086でボッタスを上回ることができたものの、ハミルトンには0.184秒及ばなかった。ライコネンは4番手だ。

 5番手のリカルド、その0.3秒差で6番手のヒュルケンベルグが続き、7番手にマッサがつけた。8番手はクビアトはマッサと0.9秒差だ。セッション前半で、ペレスとストロールは走行を行わなかった。

 タイヤをリフレッシュし、多くのドライバーが2度目のコースイン。

 チェッカーフラッグが振られる中、ハミルトンが自己ベストを更新し1分31秒678をマーク。ベッテルがそれを追うも約0.1秒及ばず。しかし、ボッタスに対しては1/1000秒上回った。

 結局、ハミルトンがポールポジションを獲得。ベッテルもフロントロウの一角を確保した。ボッタスは3位、4位はライコネンと続いた。上位チームに1.3秒離されたリカルドは5位。ラストアタックでタイムを更新したマッサは6位で、ヒュルケンベルグを7番手に下した。8位は1回のアタックを終盤に行い、これをまとめたペレス。クビアトは9位。初のQ3進出となったストロールは10位となった。

 中国GP決勝は、日本時間の明日15時にスタートする。

【関連ニュース】

【F1】スケジュールに変更なし。中国GP決勝は予定通り日曜開催

【F1】中国GP初日はほとんど走れず……”不測の事態”への対策の必要性

【F1】FIA、日曜の悪天候に備え、救急搬送手段を複数用意

【F1】中国GP FP3:フェラーリ1-2位独占。メルセデス0.3秒遅れ

【F1】中国GP決勝を9日15時よりライブテキストでお届け!

2017年F1第2戦中国GP予選結果:

ClaドライバーChassisエンジン時間ギャップkm/h
1 44 united_kingdom  ルイス ハミルトン  Mercedes Mercedes 1'31.678   214.049
2 5 germany  セバスチャン ベッテル  Ferrari Ferrari 1'31.864 0.186 213.615
3 77 finland  バルテリ ボッタス  Mercedes Mercedes 1'31.865 0.187 213.613
4 7 finland  キミ ライコネン  Ferrari Ferrari 1'32.140 0.462 212.975
5 3 australia  ダニエル リカルド  Red Bull TAG 1'33.033 1.355 210.931
6 19 brazil  フェリペ マッサ  Williams Mercedes 1'33.507 1.829 209.862
7 27 germany  ニコ ヒュルケンベルグ  Renault Renault 1'33.580 1.902 209.698
8 11 mexico  セルジオ ペレス  Force India Mercedes 1'33.706 2.028 209.416
9 26 russia  ダニール クビアト  Toro Rosso Renault 1'33.719 2.041 209.387
10 18 canada  ランス ストロール  Williams Mercedes 1'34.220 2.542 208.274
11 55 spain  カルロス サインツ Jr.  Toro Rosso Renault 1'34.150 2.472 208.429
12 20 denmark  ケビン マグヌッセン  Haas Ferrari 1'34.164 2.486 208.398
13 14 spain  フェルナンド アロンソ  McLaren Honda 1'34.372 2.694 207.938
14 9 sweden  マーカス エリクソン  Sauber Ferrari 1'35.046 3.368 206.464
15 36 italy  アントニオ ジョビナッツィ  Sauber Ferrari      
16 2 belgium  ストフェル バンドーン  McLaren Honda 1'35.023 3.345 206.514
17 8 france  ロマン グロージャン  Haas Ferrari 1'35.223 3.545 206.080
18 30 united_kingdom  ジョリオン パーマー  Renault Renault 1'35.279 3.601 205.959
19 33 netherlands  マックス フェルスタッペン  Red Bull TAG 1'35.433 3.755 205.626
20 31 france  エステバン オコン  Force India Mercedes 1'35.496 3.818 205.491
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 中国GP
サーキット 上海国際サーキット
記事タイプ 予選レポート