【F1】中国GP決勝は土曜開催の可能性が浮上。日曜の悪天候を懸念

F1チームは、日曜日も悪天候が予想されているため、決勝レースを土曜日に移動することをFIAと議論するようだ。

 中国GP初日の金曜日。上海国際サーキットは深い霧に覆われ、メディカルヘリが飛行することができなかった。そのため、フリー走行1回目は1時間以上にわたって赤旗中断。フリー走行2回目に至っては、全く走行できぬまま、初日のセッションを終えることになった。

 このメディカルヘリが稼動できるかどうかは、中国GPにとっては非常に重要な問題である。なぜなら、上海の病院は38kmも離れており、何か事故が起きた際に救急車で搬送するには、あまりにも遠すぎる。そのため、ヘリコプターでの搬送を確実に行えないならば、セッションを開始することもできないのだ。FIAは、病院まで20分以内で到着しなければならないと定めている。

 上海国際サーキットは、土曜日には天候に恵まれると言われている。しかし、日曜日には再び悪化するとの予報だ。そのため、再びセッションが実施できないという事態を避けるため、土曜日に予選と決勝を行う可能性が示唆されている。

 この問題は、金曜日夜に行われるドライバーズミーティングで議論される予定で、この会合にはチームマネージャーも参加する予定である。そして、決勝を土曜日に移動するためには、全会一致の支持が必要となる。

 今回の中国GPの後、来週末にはバーレーンでグランプリが行われる。そのため、マシンや機材を早急に輸送しなければならない。つまり、中国GPの決勝を月曜日にずらすことはできないということを意味している。

 FIAはこの件について、指摘されているような理由で、週末のスケジュールを変更することはないと主張している。

【関連ニュース】

 【F1】中国GP FP2:1時間半待ちぼうけ。霧のため走行開始できず

【F1】マレーシアGP、今シーズン限りで開催終了が決定

【F1】中国GP FP1:霧により、セッションは1時間以上赤旗に

【F1】アロンソ「燃費悪い、パワー&信頼性ないPUがレースを妨げる」

【F1】アロンソ、シーズン中盤でのマクラーレン離脱説を否定

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 中国GP
サーキット 上海国際サーキット
記事タイプ 速報ニュース