【F1】予選6番手のグロージャン、ライバルチームを脅かす

グロージャンがトップクラスのチームに次ぐ6番手を獲得したことは、ライバルチームを驚かす結果だったようだ。

 オーストラリアGPの予選で6番手を獲得したハースのロマン・グロージャン。彼のこの結果は、ライバルチームを驚かせる結果となった。

 グロージャンはオーストラリアGPの予選で6番手を獲得。これはハースにとってもベストグリッドであり、またグロージャンのタイムは7番手のフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)よりも約0.4秒速かった。

 そのマッサは、グロージャンのラップに驚いており、またウイリアムズのチーフテクニカルオフィサーのパディ・ロウも、ライバルチームの仕事ぶりを称賛した。

「ハースには驚かされたし、彼らはよくやった」とロウは話した。

「ロマンのQ2でのラップは良くなかったし、こうなるとは考えてなかった」

 グロージャンは、バルセロナ合同テストでは自身の”指標”を見つけることに苦労し、このようなパフォーマンスを発揮できるとは考えていなかったと認めた。

「楽観的に捉えていた人もいたけど、物事は僕が望んでいたようには進まなかった」

「最初のラップではマシンも良くなっていて、走った感じも良かった。そこからもっと改善できるだろう」

「予選では(ダニエル)リカルドがタイムを出せていないから、僕は実質的には7番手からのスタートということになる。そこから14番手まではかなりタイトだ」

「激しい戦いになりそうだ」

マッサも驚きを隠せず

 金曜日のFP2では電気系のトラブルに見舞われ、わずか6周しか走行できなかったマッサは、ハースの後方になってしまい、少々がっかりしたという。

 合同テストでは、ウイリアムズは中団チームの中で最も競争力を持っており、メルセデス、フェラーリ、レッドブルに次ぐ4番手を争うものと考えられていた。

「驚いたよ。僕はQ1とQ2で彼よりも速かったんだ」とマッサは話した。

「でもバルセロナの時のように、もう少し良くなると思う」

"奇跡のラップ"であることを願うクビアト

 またトロロッソも中団チームの中でトップを争っており、予選9番手のダニール・クビアトは、グロージャンは"ただバッグの中から奇跡を取り出しただけ"だと話した。

「彼ら(ハース)はQ1とQ2では普通だった。でもQ3ではとても良いラップを走っていた。わずかな差だったけど、マッサは彼に届かなかった」

「彼(グロージャン)はとても印象的だった。あのラップが”奇跡”であることを願っているよ」

Additional reporting by Andrew van Leeuwen, Erwin Jaeggi and Jonathan Noble

【関連ニュース】

【F1】オーストラリアGP予選:開幕戦PPはハミルトンが獲得。ベッテル2位

【F1】揺れ動くハースのTウイング。「再び装着したいが…」

【F1】リカルド「今年のマシンは”凶暴な獣”。今回はそれに捕まった」

【F1】クラッシュ続きのストロール「以前の車よりも限界が掴みにくい」

【F1分析】開幕戦FP2:好調なメルセデス。台風の目はトロロッソ?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストラリアGP
サーキット アルバートパーク・サーキット
ドライバー ダニール クビアト , フェリペ マッサ , ロマン グロージャン
チーム ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース