【F1】バトン「これが最後の予選」。ペナルティで降格も「楽しかった」

ジェンソン・バトンは予選で9番手だったが、使用基数制限を超えてパワーユニットを交換したため、決勝は最後尾からのスタートとなる。

 マクラーレンのジェンソン・バトンは、フェルナンド・アロンソの代役としてモナコGPにスポット参戦している。バトンは予選Q3進出を果たし、9番手タイムを記録したが、年間の使用基数制限を超えたパワーユニットのコンポーネントを投入したため、決勝は最後尾からのスタートとなる。

 パワーユニット関連のグリッドペナルティはドライバーごとではなく、マシンごとに適用される。モナコGPの前にアロンソのマシンは、すでに年間の使用基数上限である4基目のターボチャージャー(TC)とMGU-Hを投入していた。しかし今回もこのふたつのコンポーネントを交換したため、10+5の合計15グリッド降格が決まっている。

「自分のレース数は、ペナルティに関係ないんだ。結構痛いよ」とバトンは語った。

「昨日彼らから伝えられた。木曜日がうまくいっていたから、予選はとても興奮したよ」

「僕たちはふたりともペナルティを受ける。それによってストフェル(バンドーン/スペインGP決勝で3グリッド降格のペナルティ)は12番手、僕は最後尾スタートだ」

「僕たちは予選でトップ10圏内だったのに残念だ。それにしても、現実は一筋縄じゃ行かないね、そう思わないか?」

 またバトンは、モナコの予選を楽しんだと語り、これが最後のF1レースになると宣言した。

「9番手になったんだ。僕は満足だし、週末をとても楽しんだよ」

「これは僕にとって最後の予選セッションだ。おそらく僕にとって最も楽しく過ごせた予選のひとつになった」

「もうF1に悔いは残っていないよ。僕はこのような機会を6ヵ月の間待っていた。僕はF1マシンに戻り、やっぱり大好きだなって思った」

「本当に楽しかった。マシンをドライブさせることだけじゃなくて、F1全体の雰囲気も楽しめた」

 予選Q3の時点でバトンはタイヤを1セットしか持っていなかった。またマシンの限界までプッシュすることができなったとバトンは言及した。

「僕はマシンの限界がどこにあるのかわからなかったし、モナコじゃそれを見つけられないと思う。開けたサーキットじゃないと限界を感じ取ることはできない」

「僕は間違いなく、自分の限界の中でドライブしている。それは残念に思うけど、僕はそこに止まっていなければいけない。そうでなければウォールに刺さることになる」

「とても難しかったけど、楽しかったよ」

【関連ニュース】

【F1】ハミルトン、セットアップを決められず予選Q2敗退

【F1】タイヤのウォームアップには2周必要? 渋滞も頭痛の種に

【F1】ハミルトン「FP2でメルセデスが苦戦した原因はわからない」

【F1】メルセデス代表「"駐車場"のようなコースを離れるべき」

【F1】リカルド「メルセデス不調が事実なら、土曜日に期待できるかも」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 モナコGP
サーキット モンテカルロ
ドライバー ジェンソン バトン
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース