【F1】優勝50周年記念。ホンダRA300、イタリアGPでデモ走行

優勝50周年を記念して、1967年のイタリアGPを勝ったホンダRA300が、イタリアGPの際にデモ走行を行うことになった。

 ホンダは、イタリアGP優勝50周年記念として、今年のイタリアGPの際に当時のマシン”ホンダRA300”のデモ走行を行うことを発表した。

 1964年にF1デビューを果たしたホンダは、翌1965年のメキシコGPでF1初優勝。その後1967年のイタリアGPでは、ジョン・サーティースのドライブにより、F1での2勝目を挙げた。

 イタリアGPでのデモ走行を担当するのは、今年GP3に参戦中の福住仁嶺。福住はこれがF1マシン初ドライブになるという。

「私にとって今回が初めてF1マシンをドライブする機会になります。その場所が50年前の勝利と同じイタリアのモンツァ・サーキットということでとても光栄に思っています。今後F1ドライバーとしてこのサーキットへ戻ってこられるように頑張っていきたいと思います」

 福住はホンダのリリースに、そうコメントを寄せている。

 またホンダのモータースポーツ部の山本雅史部長も、次のようにコメントしている。

「RA300の勝利から50年という節目に、再び同じサーキットで同じマシンを走らせることができ、非常に嬉しく思っています。“何がなんでも勝つ”という強い想いから作られたこのマシンの走りと往年のV12エンジンが奏でるHondaサウンドを、ファンの皆様に楽しんで頂きたいと思います。また、この企画にご賛同・ご協力頂いたFIA、FOMに心から感謝いたします」

 RA300のデモ走行は、F1イタリアGPの決勝直前、9月3日(日)の現地時間12時10分(日本時間19時10分)から行われる予定だ。なお、イタリアGP期間中の9月1日(金)〜9月3日(日)までは、モンツァ・サーキット内の展示エリアにRA300が展示される。

【関連ニュース】

歴史上最も人気のあるF1マシンはマクラーレン・ホンダMP4/4に決定!

ホンダ、イルモアと提携で前進? マクラーレンとの契約も継続か

トロロッソと”交渉決裂”の噂。真相をホンダ山本MS部長に訊く

ホンダ「今シーズン中にルノーを追い越したい」と語る

RA300をドライブ。二輪と四輪で世界王者になったサーティース亡くなる。享年83

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イタリアGP
サーキット モンツァ
ドライバー Nirei Fukuzumi
記事タイプ 速報ニュース
タグ honda, ra300, ホンダ