【F1】合同テスト1日目午前:ベッテル首位。マクラーレンはトラブル

バルセロナ合同テストの初日午前のセッションが行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録した。

 F1バルセロナ合同テスト初日午前のセッションが行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録した。

 ベッテルはミディアムタイヤで1分22秒791を記録してトップタイム。しかも、ノントラブルで62周を走破して見せた。

 2番手につけたのは、この日がメルセデスでの初仕事となるバルテリ・ボッタス。ボッタスはソフトタイヤを履き、ベッテルに0.378秒の差をつけられたものの、こちらもノントラブルで79周を走破した。

 なお、今季の幅広になったピレリタイヤは、デグラデーションが小さくなるように作られていると、同社のポール・ヘンベリーは語っていた。しかし、初日ここまでの走行結果からすれば、大きなデグラデーションが発生しているという。

 3番手には39周を走ったフォースインディアのセルジオ・ペレスがつけ、ウイリアムズのフェリペ・マッサも同じく39周を走って4番手のタイムを記録している。

 午前中には、マクラーレンとレッドブルに大きなトラブルが発生した。

 マクラーレンは、”オイル系”のトラブルに見舞われたため、フェルナンド・アロンソはインスタレーションラップを終えたのみでピットイン。そのまま、ガレージ内での作業に入っている。ホンダの発表によれば、このトラブルの修復には数時間を要するという。

 一方、ダニエル・リカルドがドライブしたレッドブルは、4周を走ったところでセンサーにトラブルが発生し、ターン3とターン4の間にマシンを止めた。これで赤旗が掲出され、セッションは中断。レッドブルRB13は、トラックでガレージまで運ばれた。

 これら2台のトラブルは深刻であり、午前中のうちにコースに復帰することはできなかった。

 ケビン・マグヌッセンがドライブしたハースVF-17もトラブルが発生。ピットレーンの入り口でマシンを止めてしまい、こちらも赤旗中断となった。ただハースについては1時間で修復が完了。コースに復帰している。

 しかしマグヌッセンは、セッション終了直前にターン10でスピン。フロントウイングにダメージを負っている。

【関連ニュース】

【F1】バルセロナ合同テスト初日。マクラーレンに”オイル系”トラブル

【F1】トロロッソ「フィルミングデーでのトラブルは心配ない」

【F1】バルセロナテスト:ハースとウイリアムズも”Tウイング”テスト

【F1】ジョビナッツィ、ウェーレイン代役として合同テスト参加決定

【F1】マクラーレン「カラーリングの一新は”新時代”の象徴」

【F1】バルセロナ合同テストフォトギャラリー(1日目)

 DriverTeamTime TyreLaps
 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:22.791 62
2  バルテリ・ボッタス メルセデス 1:23.169 79
3  セルジオ・ペレス フォースインディア 1:23.709 39
4  フェリペ・マッサ ウイリアムズ 1:25.552 39
5  カルロス・サインツ トロロッソ 1:25.562 18
6  ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:26.319 22
7

 ケビン・マグヌッセン

ハース 1:26.404 15
8  マーカス・エリクソン ザウバー 1:26.865 32
9  ダニエル・リカルド レッドブル 1:28.712 4
10  フェルナンド・アロンソ マクラーレン     1
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 Barcelona pre-season testing I
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
記事タイプ テストレポート