【F1】合同テスト2日目午前:マクラーレン、トラブル無しで49周走破

バーレーン合同テスト2日目午前のセッションが終わり、マクラーレン・ホンダはトラブルフリーで49周を走破した。

 4月18日から行われているバーレーン合同テスト。その午前のセッションが終了し、メルセデスのバルテリ・ボッタスが1分31秒771のトップタイムを記録した。

 ボッタスはTウイングを外したマシンで走行。トラブルなく、78周を走破した。

 一方、メルセデスのライバルであるフェラーリは、多くの時間をガレージ内で過ごした。チームはこの日のテストを、データロガーシステムのために使うことを決めていたが、そのためにマシンに変更を施したところ、何らかの”漏れ”が発生。結局SF70Hはリヤエンドを外され、修復に多くの時間を費やした。セッション終盤にようやくコースインできたものの、わずか9周の走行にとどまっている。

 前日、ERSの水漏れにより、わずか17周しか走ることのできなかったマクラーレン・ホンダは、2日目の走行をストフェル・バンドーンが担当。この日のマクラーレン・ホンダはトラブルフリーで、午前中のみで49周を走破。全体で6番手となる1分33秒190を記録している。

 なおこの日のウイリアムズには、2013年以来のF1走行となるゲイリー・パフェットが乗り込み、午前中に5番手のタイムを記録している。また、今週末のスーパーフォーミュラの開幕戦を控えるピエール・ガスリーもレッドブルのマシンをドライブしている。

【関連ニュース】

【F1】ホンダ新仕様PUにまたもトラブル。僅か2周でPU交換を決断

【F1】バーレーンテスト:ハミルトン首位。マクラーレン走行17周のみ

【F1】マッサ、フェルスタッペンの”ブラジル人差別発言”に大人の対応

【F1】フォースインディア代表ビジェイ・マリヤ、英国で逮捕される

【スーパーフォーミュラ】ガスリーも参戦! 注目ドライバー勢揃い。開幕戦は予測困難?

バーレーン合同テスト2日目午前のタイム結果

Pos Driver Team Time Gap Laps
1  バルテリ・ボッタス メルセデス 1:31.771   78
2  エステバン・オコン フォースインディア 1:32.142 0.371 60
3  ダニール・クビアト トロロッソ 1:32.213 0.442 61
4  セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:32.615 0.844 9
5  ゲイリー・パフェット ウイリアムズ 1:33.157 1.386 59
6  ストフェル・バンドーン マクラーレン 1:33.190 1.419 49
7  ケビン・マグヌッセン ハース 1:33.192 1.421 37
8  セルゲイ・シロトキン ルノー 1:34.174 2.403 44
9  ピエール・ガスリー レッドブル 1:34.407 2.636 51
10  パスカル・ウェーレイン ザウバー 1:35.212 3.441 42
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 Bahrain April testing
サーキット バーレーン・インターナショナル・サーキット
記事タイプ テストレポート