【F1】合同テスト2日目総合:ライコネンが最速。マクラーレン10番手

F1のバルセロナ合同テスト2日目は、フェラーリのキミ・ライコネンが、メルセデスのルイス・ハミルトンを0.023秒抑えてトップタイムを記録した。

 F1バルセロナ合同テスト2日目。フェラーリのキミ・ライコネンがトップタイムを記録した。

 ライコネンは、午前中にスーパーソフトタイヤで記録したタイムを、午後にソフトタイヤで行ったアタックで更新。1分20秒960を計測して、この日のベストタイムを記録した。しかもこの日のライコネンは合計108周を走破。高いパフォーマンスと信頼性を示した。

 2番手につけたのは、初日トップタイムを記録したメルセデスのルイス・ハミルトン。ハミルトンはスーパーソフトタイヤを履き、ライコネンからわずか0.023秒遅れた。

 ハミルトンは午前中の走行を担当。午後にはバルテリ・ボッタスがマシンに搭乗した。ボッタスのベストタイムは7番手だったが、この日の彼はレースシミュレーションに集中していた。ボッタスはターン9で派手なハーフスピンを喫する場面もあったが、結局合計102周を走行。午前中にハミルトンがテストした”ダブルTウイング”も試した。

 結局この日のメルセデスは、2人合計で168周を積み重ねた。

 この2チーム以降のマシンは大きく遅れた。その3番手につけたのは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンである。フェルスタッペンはソフトタイヤで1分22秒600を計測した。ただこのタイムは、2番手のハミルトンから1.2秒遅れたものだった。

 4番手にはハースのケビン・マグヌッセンがつけた。マグヌッセンは、この日ドライバーとしては最多となる118周を走破。彼はスーパーソフトタイヤで、自身のベストタイムを記録している。

 パスカル・ウェーレインの代役としてザウバーのマシンを走らせるアントニオ・ジョビナッツィは、午前中にパワーユニットのトラブルに見舞われたが、午後には復活。結局この日67周を走り、9番手のタイムを記録した。

 マクラーレンは2日目にもパワーユニットにトラブルが発生。連日の交換作業を強いられている。この日のドライブはストフェル・バンドーンが担当したものの40周を走るにとどまり、ベストタイムもトップから4.6秒遅れの10番手に終わった。

 ウイリアムズはルーキーのランス・ストロールがドライブ。しかし午前中のスピンを喫し、午後は走行を行わなかった。

【関連ニュース】

【F1】合同テスト2日目午前:ハミルトン首位。マクラーレン問題続く

【F1】バルセロナテスト:メルセデス、”ダブルTウイング”をテスト

【F1】ホンダ、テスト初日のトラブルはオイルタンクの設計が原因か?

【F1】ハミルトン「僕たちのマシンは他よりも1000倍優れている」

【F1】合同テスト1日目総合:ハミルトン首位。アロンソ29周を走行

【F1】ギャラリー:バルセロナ合同テスト2日目

F1バルセロナ合同テスト2日目タイム結果

 DriverTeamTimeGap Tyrelaps
1  キミ・ライコネン  フェラーリ 1:20.960   108
2  ルイス・ハミルトン  メルセデス 1:20.983 0.023 66
3  マックス・フェルスタッペン  レッドブル 1:22.200 1.240 89
4  ケビン・マグヌッセン  ハース 1:22.204 1.244    118
5  エステバン・オコン  フォースインディア 1:22.509 1.549   86
6  ダニール・クビアト  トロロッソ 1:22.956 1.996    68
7  バルテリ・ボッタス

 メルセデス

1:22.986 2.026  102
8

 ジョリオン・パーマー

 ルノー 1:24.139 3.179   53
9  アントニオ・ジョビナッツィ  ザウバー 1:24.617 3.657     67
10  ストフェル・バンドーン  マクラーレン 1:25.600 4.640  40
11  ランス・ストロール  ウイリアムズ 1:26.040 5.080    12 

 

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 Barcelona pre-season testing I
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー キミ ライコネン
チーム フェラーリ
記事タイプ テストレポート