【F1】合同テスト2日目:マクラーレン、81周走破で最良の日を過ごす

マクラーレンのストフェル・バンドーンは81周を走破し、午後のセッションでトップから0.8秒落ちの1分32秒108をマークした。

 水曜日、バーレーンのシーズンインテスト2日目でメルセデスのバルテリ・ボッタスがベストタイムを記録した。マクラーレンのストフェル・バンドーンは81周を走破し、午後のセッションでトップから0.8秒落ちの1分32秒108をマークした。

 ボッタスは、空力面のセッティングとタイヤへの理解を深めるために、ロングランに集中した。

 一方、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ピットでの作業が長引き、多くの走行時間を失った。午前中、フェラーリはセットアップ変更作業中に油圧のトラブルに見舞われたため、修復作業を行なった。

 午後のセッションでも、ガレージに留まっている際にデータ面のトラブルが発生。ベッテルはそれが解決するまで走行することを許されなかった。最終的には、1分31秒574をマークし、2番手タイムとなった。

 トロロッソのカルロス・サインツJr.は、3番手タイム。バンドーンは4番手タイムとなった。

 ここ1週間、マクラーレンはMGU-Hのトラブルに悩まされてきた。しかし、この日は前日からパワーユニットの仕様を変更していなかったのにも関わらず、マクラーレンはノートラブルで1日を過ごすことができた。

 マクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエは、今季”最良の日”を過ごすことができたと語っている。

 ブレーキ評価作業中のハースのケビン・マグヌッセンは5番手タイムを記録。フォースインディアのエステバン・オコンは6番手だった。

【関連ニュース】

【F1】合同テスト2日目午前:マクラーレン、トラブル無しで49周走破

【F1】ホンダ新仕様PUにまたもトラブル。僅か2周でPU交換を決断

【F1】マッサ、フェルスタッペンの”ブラジル人差別発言”に大人の対応

【F1】フォースインディア代表ビジェイ・マリヤ、英国で逮捕される

【F1】ライコネン、2017年のスタイルを探すのに「時間がかかりすぎ」

合同テスト2日目リザルト:

Pos Driver Team Time Gap Laps
1  Valtteri Bottas Mercedes 1:31.280   143
2  Sebastian Vettel Ferrari 1:31.574 0.294 64
3  Carlos Sainz Toro Rosso 1:31.884 0.604 68
4  Stoffel Vandoorne McLaren 1:32.108 0.828 81
5  Kevin Magnussen Haas 1:32.120 0.840 88
6  Esteban Ocon Force India 1:32.142 0.862 85
7  Daniil Kvyat Toro Rosso 1:32.213 0.933 60
8  Gary Paffett Williams 1:32.253 0.973 61
9  Sergey Sirotkin Renault 1:32.287 1.007 126
10  Pierre Gasly Red Bull 1:32.568 1.288 65
11  Pascal Wehrlein Sauber 1:34.462 3.182 91
12  Sergio Perez Force India 1:35.015 3.735 70
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 Bahrain April testing
サーキット バーレーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
記事タイプ テストレポート