【F1】合同テスト4日目午前:ウエットテスト実施。マクラーレン3番手

F1バルセロナ合同テスト4日目は人工的に濡らされた路面で行われ、フェラーリのキミ・ライコネンが午前中首位となった。

 今季からワイド化されたF1タイヤ。そのウエットタイヤのテストも兼ねる意味合いで、バルセロナ合同テストの最終日は、人工的に濡らされた路面で走行が行われている。

 セッション開始当初は、路面は完全なるウエットコンディション。各車がフルウエットタイヤを履き、セッション最初の1時間を走った。各ドライバーにとっては、今年仕様のウエットタイヤを試す、最初の機会となったわけだ。

 このコンディションで走行したドライバーたちの中で、ライコネンとレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、1分40秒台のタイムを記録した。

 フェルスタッペンはその後、改善しつつあった路面に対応し、インターミディエイトタイヤに交換。1分30秒を切った最初のドライバーとなった。

 スプリンクラーの設備がないカタルニア・サーキットは、セッション開始前に散水車によって水が撒かれた。その後は水の補充がないため、セッションが進むにつれ、路面はさらに乾いていく。

 ライコネンは全車の中で最初にスリックタイヤを投入。ソフトタイヤで1分25秒557を記録する。フォースインディアのセルジオ・ペレスなどが一時トップタイムを奪うものの、最終的には再びライコネンがトップに立ち、最速タイム1分22秒662を記録して午前中のセッションを終えた。

 ハースのロマン・グロージャンはスーパーソフトを履き、セッション終盤に2番手へとジャンプアップ。マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンも、同じくスーパーソフトタイヤで3番手となった。

 ウイリアムズは、水曜日にランス・ストロールがクラッシュしたことによりマシンにダメージを負い、この日の走行を中止。メルセデスのルイス・ハミルトンも、チームが電気系の不具合と発表するトラブルにより、出走しなかった。

 トロロッソのダニール・クビアトは、パワーユニット交換の必要が生じたため、わずか1周の走行で終わっている。午後には、STR12にカルロス・サインツJr.が乗り込む予定だ。

 ランチタイム中に再び散水車によってコースに水が撒かれ、午後のセッションは再びウエットコンディションで行われる。

【関連ニュース】

【F1】マクラーレン代表、MCL32に自信「シャシーはかなり良い」

【F1】ウイリアムズ、合同テスト最終日の走行を断念

【F1】ベッテル、新マシンに好感触「全く違う”獣”みたいだ」

【F1】ホンダPUトラブルを謝罪「ふたりのドライバーに申し訳ない」

【F1】新ウエットタイヤ、開幕前のバルセロナで全チームがテスト

 DriverTeamTimeGap TyreLaps
1  キミ・ライコネン  フェラーリ 1:22.305   45
2  ロマン・グロージャン  ハース 1:22.739 0.434 49
3  ストフェル・バンドーン  マクラーレン 1:23.918 1.613 35
4  マックス・フェルスタッペン  レッドブル 1:23.920 1.615 43
5  セルジオ・ペレス  フォースインディア 1:24.893 2.588 25
6  ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー 1:24.974 2.669 51
7  アントニオ・ジョビナッツィ  ザウバー 1:25.037 2.732 37
8  バルテリ・ボッタス  メルセデス 1:36.512 4.207 9
9  ダニール・クビアト  トロロッソ       1
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 Barcelona pre-season testing I
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー キミ ライコネン
チーム フェラーリ
記事タイプ テストレポート