【F1】好調のヒュルケンベルグ「2017年のマシンが自分に合っている」

ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、2017年のF1マシンが自分のドライビングスタイルにうまく合っていると、好調の原因を語った。

【F1】好調のヒュルケンベルグ「2017年のマシンが自分に合っている」
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team RS17
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team RS17
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team RS17
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team RS17
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team RS17, Jolyon Palmer, Renault Sport F1 Team RS17
Robert Kubica, Renault Sport F1 Team RS17

 今季からルノーに加わったニコ・ヒュルケンベルグは、チームメイトのジョリオン・パーマーを圧倒。これまでのレースで印象的な走りを見せている。

 彼は、自身のパフォーマンスが良い理由は、単にダウンフォースが増えタイヤが大きくなった今年のマシンで、よりプッシュできるようになったからだと語った。

 motorsport.comが彼に、2017年マシンについての考えを聞くと「今年のマシンの方が間違いなく楽しいし、速い」と述べた。

「自分自身についてのことしか言えないけど、より強くプッシュできるようになったんだ。近年のマシンに比べて、その方が僕のドライビングスタイルにより合っている」

「以前は、限界を探ることもできずに、常に自制してドライブしなければならなかったし、今のマシンほどプッシュできなかった。だから、今のマシンを気に入っているよ」

 ヒュルケンベルグは、2017年マシンの限界を見つけることは”挑戦”だと語ったが、今年F1で多く見られたスピンやクラッシュは、マシンが高速域で不安定な挙動を見せている証明にはならないと、彼は考えている。

「少し強烈になったようだ」とヒュルケンベルグは語った。

「僕は多くのレースを見てきたけど、今年のレースは(ヒュルケンベルグがクラッシュした)バクーのように、ミスを許容する余地がほとんど無い」

「だからもしミスをした場合、それが大きなミスになってしまう。しかし、難しくなりすぎているとも思わないし、変わりすぎているわけでもない」

【関連ニュース】

ルノー、パーマーのチーム残留は「後半のパフォーマンス次第」

ホンダ「今シーズン中にルノーを追い越したい」と語る

ヒュルケンベルグ「アップデート成功が、今後への突破口になる」

ヒュルケンベルグ「クビサのテストはとても印象的だった」

ハース代表、ヒュルケンベルグを非難「彼はまるで”いじめっ子”」

シェア
コメント
【F1】ウルフ&ブラウン「V8への回帰ではなく、興奮できるエンジンを」

前の記事

【F1】ウルフ&ブラウン「V8への回帰ではなく、興奮できるエンジンを」

次の記事

【F1:ハロにまつわる疑問3】脱出する際の妨げになるのか?

【F1:ハロにまつわる疑問3】脱出する際の妨げになるのか?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble