【F1】安価でシンプルなエンジンへ。”パワーユニット”廃止で大筋合意

シェア
コメント
【F1】安価でシンプルなエンジンへ。”パワーユニット”廃止で大筋合意
執筆:
2017/04/01 16:31

2021年以降のF1エンジンルールについて協議が行われていたが、現行のターボ&ハイブリッドシステムを備えたパワーユニットは廃止される可能性が高い。

Fernando Alonso, McLaren
Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W08
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W08, leads Sebastian Vettel, Ferrari SF70H, Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W08, Kimi Raikkonen, Ferrari SF70H, and the rest of the field at the start
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team RS17

 2021年以降のF1エンジンのルールの方向性を決めるべく、協議が行われていたが、現行のターボ&ハイブリッドシステムを備えた”パワーユニット”は廃止される方向で大筋合意されたようだ。

 協議には、FIAや現在F1に参戦している自動車メーカーのほか、フォルクスワーゲングループなど、F1に参戦していない有力メーカーも参加。今後のF1の方向性を話し合っていた。

 この結果、いくつかの技術は残されるものの、現在の1.6リッターV6ターボエンジン&ハイブリッドは廃止される可能性が高い。

 エンジンの正確な仕様を決定するにはもう何年かかかるだろう。しかしFIAは、土曜日に声明を発表した。

 声明では、F1エンジンは市販車との関連性を保ちながら、同時によりシンプルで、開発費用の安いモノにするという合意に達したと述べられた。

 さらに、エンジンは高い出力レベルを保ちながら、より素晴らしいサウンドと”ドライバーが常に激しくプッシュできる”ようにすべきという要望が寄せられたという。

 現在のレギュレーションでは、レース中に使用できる燃料は105kgに制限されているが、後者の要望に従うなら、燃費を制限するようなルールは廃止される可能性が高い。

 FIAのジャン・トッド会長は、「私はこの協議にとても満足している。そして、このような重要な技術領域で、とても多くの関係者とFIA F1世界選手権の方向性について合意できたことに、大きな満足感を覚えている」と語った。

「もちろん、我々は2021年のパワーユニットの詳細な部分までを議論し、決定していかなければならない。しかし、我々は正しい一歩を踏み出した。私は、将来のF1にとってベストな決定を下すプロセスに取り組むのを楽しみにしている」

【関連ニュース】

【F1】将来のF1エンジンに関する協議開始。FIA会長「よりシンプルに」

【F1】ルノー「F1の技術はフォーミュラEとは別でなければならない」

【F1】ジャン・トッド「V8やV10エンジンは社会が受け入れない」

【F1】ルノー旧来エンジンへの回帰に反対も「コスト管理は必要」

【F1】ロス・ブラウン「F1”エンジン”の将来を今から考えなければ」

次の記事
【F1】スペイン人女性ドライバー、ルノーのアカデミー加入へ

前の記事

【F1】スペイン人女性ドライバー、ルノーのアカデミー加入へ

次の記事

【F1】ガスリー「F1デビューに関する"混乱"から多くを学んだ」

【F1】ガスリー「F1デビューに関する"混乱"から多くを学んだ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble
まずは最新ニュースを読む