F1、将来的な360度カメラ導入を検討。シンガポールでテスト実施

F1は将来的な360度カメラの導入を検討しており、先週末のシンガポールGPでそのテストを行っていた。

 先週末のシンガポールGPでは、F1のテクノロジーパートナーであるタタがライブ配信用の2台の360度カメラをテストした。彼らはテレビ放送の一環として、360度カメラ導入の余地を探っているようだ。

 またこの他にも、サーキットの隣にある有名なアンダーソン・ブリッジにもカメラが設置された。

 360度カメラで捉えた映像を処理するには時間がかかるため、F1にこのカメラを導入することは大きなチャレンジになる。それゆえタタはこのテストでカメラのデータ移送能力をチェックすることを望んでいた。

 このカメラでの映像を処理し通常の高解像度カメラのものと同様にするためには、通常の5倍の時間、つまり30秒ほどかかることになる。

 F1の商業権保持者でもあるタタは、最終的にこのカメラをマシンに搭載することを目標としている。その準備段階として、近いうちにピットレーンとトラックサイドにカメラを設置することを望んでいる。

 F1のチーフテクニカルオフィサーであるジョン・モリソンは、以下のように話した。

「ファンは、ルイス(ハミルトン)やセバスチャン(ベッテル)たちがピットに入ってくるのをテレビやタブレットでどのように見ることができるのか、などを確認するためにテストをした……だが30秒もかかることはなかった!」

 タタはしばしばシンガポールGPで新しいテクノロジーのテストを行っており、近年ではUHD映像などもここでテストを行っている。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース