【F1】年間レース数増加を目指すF1。CEO「アジアは重要な市場」

F1のCEOであるチェイス・キャリーは、来年の21戦を無事に開催することが最優先としながら、その先に開催数拡大を目指している。

 2018年のF1開催カレンダーは、現時点で既に21戦が予定されている。マレーシアGPは今季の開催が最後となるが、フランスとドイツがバーニー・エクレストン時代に開催契約を締結している。

 F1の現CEOであるチェイス・キャリーは、その翌年以降に開催地を拡大したいと考えている。しかしながら、年間のレース数拡大についてはF1チームの合意が必要であると共に、移動に関する問題も存在している。

「我々がまず最初に集中しなければならないことは、2018年の21戦を可能な限り強力にすることだ」

 そうキャリーは語る。

「イベントがより大きくなること、そしてホスピタリティなどを最適化することについて話をした。エンドユーザーは、このようなライブイベントにとって重要だ。そして、我々はそこに焦点を当てている」

「我々は、多くのレースを開催することを目的としているわけではない。増やせる可能性があることは分かっているが、細かい部分を変える前に、我々はチームともっと関わりたいと思っている」

「一方、おそらく我々の事業領域であるプロモーター側では、今日もう少し成熟していると思う」

「しかし競技者やF1レースの開催に何が必要かを理解している場所からの興味の広がりにより、私はF1開催の可能性について話し合う数が増えることになった」

「このスポーツとイベントを盛り上げるために、世界の要求を活用し続けるということは、我々の能力に合っていると思う。我々はイベントをより良くし、コース上での”スポーツ”を改善することで、それらの新たな取り組みに対して”燃料”を注ぐことになると考えている」

 キャリーは、F1に新しいレースを加えることは、理に適っていると考えている。

「我々はできるだけ多くの人々と関わりを深め、それらを評価している。ヨーロッパのような歴史的な市場はもちろん、アメリカやアジアにもその機会はある」

「我々は、そのような機会が我々にとって何を意味するのか、確実に理解したいと思っている。とはいえ最優先事項は、来年の21レースをしっかりと成功させることだ」

 マレーシアGPは今季限りで終了することが決まっているが、同様に終了の可能性が指摘されてきたシンガポールGPについては、今後も継続できることを期待しているとキャリーは言う。

「シンガポールGPの更新について、我々は積極的に取り組んでいる。そのため、グランプリがなくなってしまうとは考えていない。契約を結ぶ必要はあるが、それに向けて取り組んでいる。我々の目標は、シンガポールGPを継続することにある」

「アジアはアメリカ同様、我々にとっては成長が期待される重要な市場だ。シンガポールGPは、我々にとって非常に成功したレースだった。そして今年はアジアの連戦でシーズンが開幕したが、中国やオーストラリアではかなりの観客を集めることができた」

「我々には勢いがついていると思う。そしてアジアは、時間が経つにつれて大幅に成長していくことが期待できる市場だと我々は考えている」

【関連ニュース】

【F1】トルコGP復活へ。大統領とリバティ・メディア”原則的に合意”

【F1】エクレストン「リバティは”バーニーの時代”を終わらせたい」

【F1】アゼルバイジャンGP主催者、リバティCEOを「無知」と批判

【F1】リバティ「ヨーロッパの伝統的なサーキットはF1にとって重要」

【F1】シンガポールGP開催は来季まで? エクレストンがその可能性を示唆

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース