F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
1 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
15 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
21 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
35 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
49 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
56 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
70 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
77 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
91 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
105 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
133 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
140 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
147 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
161 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
168 days
07 10月
次のセッションまで……
175 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
189 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
196 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
204 days
03 12月
次のセッションまで……
232 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
241 days

【F1】揺れ動くフェラーリのフロア、オーストリアGPで修正

シーズン序盤で揺れ動いていたフェラーリSF70Hのフロアは、オーストリアGPでいくつか変更された。

【F1】揺れ動くフェラーリのフロア、オーストリアGPで修正

 今シーズンがスタートして間も間もない頃、フェラーリSF70Hのフロアが多くの注目が集めていた。というのも国際映像で映し出された際に、高スピード域に達したSF70Hのフロアが揺れ動いているのが確認されており、さらにその後部が曲がって変形しまうということもあったためである。

 それには、高速コーナーでのマシンのパフォーマンスを向上を狙うべく、グランドエフェクトを生み出すのにフロアをあえて動かして密閉効果を狙っているのではないかという諸説がある。

 さらに別の説では、フロアの揺れ動きが乱気流を生み出し、気流の”障壁”を利用して他のパーツに気流を向けることで、ダウンフォース値を上げているのではないか、とも言われている。

 フェラーリは、それが不正行為にあたるのではないかという疑惑を強く否定しており、マシンはFIAが定めた全ての条件を満たしていると主張した。しかし、中国GPでフロアには修正され、フロアの上面にリップを形成した。それは上部から見るとまるで蝶の羽のように見える。

Ferrari SF70H floor detail
Ferrari SF70H floor detail

Photo by: LAT Images

 新しく形成された箇所は、揺れ動いていたフロアを補強し、さらに空気力学的効果をもたらすという。

 しかしオーストリアGPでも改良され、そのフロアの前端にある気流の通り口が塞がれている。またフロアの剛性を高めるためか、金属の留め具が施されていた。

 これらの注目すべき変更点は、実際に走行してフロアが可動してしまうのかどうかを確かめてみなければならない。空力効率が大きな役割を果たす今回のトラックのために施された修正のおかげで、フェラーリのパフォーマンスが向上するのかどうか、とても興味深いところだ。

 【関連ニュース】

フェラーリのPUチーフエンジニア、チーム離脱か

 フェラーリ、3Dプリント応用で画期的なパワーユニット開発中?

 ハミルトン「ベッテルとフェラーリはプレッシャーを感じている」

【2017年F1マシン:テクニカルスペック】フェラーリSF70H

フェラーリ、”逆襲”狙う2017年マシン『SF70H』を発表

シェア
コメント
【F1オーストリアGP】FP2速報:ハミルトンが連続トップ。アロンソが8番手

前の記事

【F1オーストリアGP】FP2速報:ハミルトンが連続トップ。アロンソが8番手

次の記事

【F1】オコン、チーム上層部と会談「あの接触の責任はふたりにある」

【F1】オコン、チーム上層部と会談「あの接触の責任はふたりにある」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
ロケーション レッドブルリンク
チーム フェラーリ
執筆者 Jonathan Noble